便秘にダノンBIOのBE80乳酸菌

ダノンBIOのBE80乳酸菌に便秘対策効果!

 

便秘対策にいいヨーグルトの定番としてダノンから販売されている

 

BIO

 

があげられます。
最近はテレビCMもよくやっているので、名前ぐらいは知っている人も多いと思います。

 

イオンのスーパーに行くと、このダノンビオのいろいろな種類がずらっと並んでいます。
緑色のパッケージがずらっと並んでいるのは、見た目かなり爽快です。

 

 

 

最近パッケージが変わりましたけど。
前のほうが明るい感じでよかった気がします。

 

新しいパッケージはちょっと緑が濃すぎないか?

 

 

ビオのCMといえば、前は渡辺満里奈さん。
2014年からは、佐々木蔵之介さんでおなじみだよね。


 

ダノンBIOに配合されている乳酸菌は

 

BE80乳酸菌

 

です。
これが便秘に効果が高い乳酸菌だとされています。

 

 

 

 

BE80菌は酸に強い乳酸菌で生きて腸まで届きやすい

ダノンビオに配合されているBE80菌は、酸に強い死菌になりにくい乳酸菌です。
生きて腸まで乳酸菌が届きやすいです。

 

乳酸菌が生きて腸まで届くと、腸が弱酸性になり善玉菌を増やす効果が高いとされています。
日清ヨークの飲み物にそんなことが書かれていました。

 

 

逆に腸内がアルカリ性だと、悪玉菌が増えやすいそうです。
酸性やアルカリ性と聞くと、理科の実験で使ったリトマス紙を思い出します。

 

 

生きて腸まで乳酸菌が届くと善玉菌が増えやすい。
だから最近は
「生きて腸まで届く乳酸菌」
が効果が高いとされていますよね。

 

実際メーカーはよくわからないけど
「『生きて腸まで届く!』と言っておけば、効果が高そうに見えるだろ」
と思っていそうです。
いろいろな商品のパッケージに「生きて腸まで届く」と書かれていますからね。

 

 

乳酸菌が死菌になってしまう理由の1つとして人間の胃酸の影響があります。
ほとんどの乳酸菌は、人間の胃酸によって死菌になります。

 

ヨーグルトを食後に食べたほうがいいといわれているのは
人間食後は胃酸が弱まるから、乳酸菌が胃酸の影響を受けにくい
からです。

 

 

BE80乳酸菌は酸に強い乳酸菌とされています。
そのため胃酸で死菌になりにくく、生きたまま腸に届く可能性が高い乳酸菌です。

 

 

 

 

 

 

BE80菌で14日以内におなかの調子がよくなる!14日間チャレンジ

【ダノンのBE80菌特集ページはこちら】
BE80菌特集

 

BE80菌を摂取した18歳〜65歳の女性500人の7割から
BE80菌を摂取して14日以内におなかの状態がよくなった
という回答をもらったという調査結果があります。
つまり14日以内に便秘が改善したのだと考えられます。

 

 

7割という数字はそこまで高くはないようにも感じます。
約3割は特に便通が変わらなかったということになるので…。

 

ただ14日間以内というのは、結構微妙だと思います。
14日間、ずっとおなかの調子が変動しないというのもおかしな話だと思います。

 

少なくとも14日間、一度もうんちをしない人はいないと思うので…。
おなかの調子がよくなったのかどうか判断するのは難しいようにも思います。

 

 

14日以内で7割のおなかの調子がよくなったというのなら、試してみる価値はあるように思います。
ビオは値段が高いヨーグルトですが、14日分ぐらいならなんとか買える範囲ですし。

 

 

この調査結果もあってか
ダノンBIOは14日間チャレンジというものを推奨しています。

 

14日間断続してBIOを食べBE80菌を摂取する生活を送れば効果を実感しやすいと言っています。

 

 

だまされたと思って14日間ビオを食べてみると、ほんとに効果がでたりするから不思議よね。

 

BE80菌の効果以外にも、なにか特別な秘密があるのかしら?


 

キャンペーンとして14日間ダノンBIOを食べ、効果が実感できなければ、キャッシュバックをするというものもやっていました。
ダノン側としては、それだけBE80菌に自信があるということなのだと思います。

 

 

 


:期間限定のキャンペーンです!すでに終わっている可能性があります

 

 

このキャンペーンを見ていると思うのですが

 

だれがヨーグルトのお金の返品を望むのよ!?

 

と思います。
返金されるまでの労力を考えたら、普通に働いたほうがよっぽど早いような気がします。

 

いやダノンもそこを狙ってのこのキャンペーンなんでしょうけどね。
もし、返金を要求した人がいたら、むしろその人がすごいと思いますけど。

 

 

実際のところ14日間で効果を実感するというのは難しいことだと思います。
そして個人の判断になるので、なんとでも言えると思うんですけど。

 

でもこうやってダノンのほうで

 

ビオ14日間で効果がでる!

 

と力強く言ってくれているところをみると、期待はできそうに感じます。

 

 

まぁ実際14日と言葉にすると
「たったそれだけ?」
と思うかもしれませんが。

 

 

14日っていうのは結構長いから!
むしろ14日間、うんちがまったくでないほうがすごいでしょ。

 

 

 

実際に管理人も14日間チャレンジをやってみた

自分もおなかの張りと便秘がひどく、だめもとでビオ14日間チャレンジを試した経験があります。
結果、予想していた以上に効果があり驚きました。

 

 

 

ダノンBIOは値段が高いので、14日間連続でBIOを食べるためにファミリーパック(8パック)のものを買いました。
合計20日間ぐらい断続してBIOを食べ続けました。

 

 

自分はもちろんダノンの回し者ではありません。
ガチで便秘に悩んでいたとき、だめもとで14日間チャレンジをやってみたら、便秘が結構改善されました。

 

ビオのBE80菌は他の乳酸菌とは違うなにかがあるように感じます。
単に自分とBE80菌の相性がよかっただけかもしれませんが。

 

 

乳酸菌を摂取して14日で腸内環境がよくなるなんてありえるのかな?

 

でも、ビオで自分の便秘やおなかの張りが改善したのは事実なんだよね。


 

他のメーカーのヨーグルトはゆるやかにおなかの調子を整えるのに対して、ダノンビオは10日目あたりには効果が実感している人が多いです。
実験結果がでているように、14日間以内におなかの調子に変化があらわれる不思議なヨーグルトです。

 

便秘がちで腹痛やおなかの張りが気になる人は、だめもとだと思ってBIOを2週間ほど続けて食べてみてほしいです。
まぁ14日間もあれば、人間の体というのは変化がでて当然のようにも感じますけどね。

 

ガチで便秘で悩んでいたときだったので、ビオを食べてうんちがでたり、おなかの張りが軽減されたのは助かりました。

 

 

 

 

 

ビオは海外ではアクティビアという名前で販売されているらしい

海外ではビオはアクティビアという名前で売られています。
海外でも便秘に効果があると評判になっている点もBE80菌の効果の高さを感じます。

 

 

アクティビアで便秘の効果を調べてみるのもおもしろいかも。

 

海外に住んでいる日本人のサイトが見つかるわ。


 

自分は一度も海外に行ったことがないので、海外のビオを見たことはありませんが…。
評判を見ると海外でもダノン(アクティビア)は値段が高いヨーグルトみたいですね。

 

もしかしてダノンのヨーグルトって、円安や円高の影響を受けたりするのかな?
それはさすがにないかぁ。

 

 

ビオは値段が高いですが、ダノンのヨーグルトは値段が安かったりしますから。

 

 

ビオブランドは、値段が高いヨーグルトなんだと思います。

 

普通のダノンのヨーグルトならよくスーパーで100円ほどで買えます。
でも、ダノンBIOになると、200円ぐらいしますからね。

 

ダノンBIOは倍の値段です。

 

 

 

 

 

ビオにはいろいろな種類がある!女性が好みそうな商品が多い

ダノンBIOはいろいろな種類のヨーグルトがあります。
飽きずにBE80菌の摂取を続けられると思います。

 

値段は4つパック入りで大体150円〜250円といったところでしょうか。
基本198円で販売しているところが多いです。
(2014年の消費税増や、さまざまな製品の値上げにより230円ぐらいになりました)

 

 

スーパーも大量のビオを置いていたりして、賞味期限が近くなったビオは割引シールが張られたものも多いです。

 

 

他のメーカーの果肉入りヨーグルトは、4つパックのものが150円ほどで買えることが多いです。
ビオのように200円以上のものなんて滅多にないです。

 

このことからもビオの値段は高いというのがわかります。

 

 

ビオは他のメーカーのヨーグルトと比べて高いのよね。

 

そこさえなければ、完璧なのに。


 

BIOを安く手に入れたい人は、8パックつきのファミリーパックがあります。
それを買えば1つあたりの値段は若干安く続けられます。

 

 

自分も便秘で14日間チャレンジを実践したときは、このファミリーパックのビオを買いました。

 

 

8パックつきはまさに大サイズです。
最初にスーパーのカゴにいれないと、大きいので入れ場所に困ります。

 

8パックつきで300円〜350円で購入できます。
4パックつきのビオは230円ほどするので、それを2つ買うよりファミリーパックタイプを買ったほうがお得です。

 

 

ビオは果肉入りのヨーグルトや、おしゃれなヨーグルトが多く
女性をターゲットにしているというのを感じ取れます。

 

 

 

2層仕立てのビオ。
タンブラータイプの飲むヨーグルトタイプのビオですね。

 

ビオは新商品がでても、人気がなかったら(?)すぐに消えたりするような…。
2015年現在は二層仕立てのビオなんて売っていないような…。

 

 

 

 

 

BE80菌がダイエット効果も期待できる!

BE80乳酸菌には、便秘解消効果以外にも

 

腹部膨張の減少効果

 

があるとされています。

 

女性は特におなか周りが気になる人も多いと思います。
おなか周りがひっこめば、ある意味ダイエット効果とも言えます。

 

BIOが女性に人気が高いヨーグルトだというのも納得ですね。

 

 

BE80菌が便秘改善効果やダイエット効果があると発表されているのは

 

ビオを女性に売り込みたい

 

からだと思います。

 

これ、BE80菌の便秘改善効果やダイエット効果がたまたま見つかったわけではありません。
ダノンのほうが、BE80菌に便秘改善効果やダイエット効果がないか、研究や実験をしてその効果を発表したわけです。

 

 

実際BE80菌ってもっといろいろな研究をすれば、新たな効果も見つかると思います。
でも、ダノン的にはBE80菌に便秘改善効果とダイエット効果があるというのがわかった時点で、もう満足なのだと思います。

 

実験や研究をするのもお金がかかりますから。
BIOの便秘改善効果の実験も女性500名以上を対象にしておこなわれていますからね。

 

 

 

いつ食べると効果が高い?妊婦の人でも安心

まずダノンビオはどんなに便秘への効果が高い乳酸菌を配合しているといっても、しょせんヨーグルトです。
薬のような効果はありません。

 

基本ヨーグルトはいつ食べてもいいんです。
でも、乳酸菌を生きて腸まで届くことで善玉菌が増えやすく腸内環境が整いやすいです。

 

食後は胃酸が弱まり、胃酸で乳酸菌が死菌になりにくくなります。
なのでダノンBIOの効果に期待するのなら、食後に食べると効果が高いと思われます。

 

 

自分も毎日ヨーグルトを食べていますけど。
食後にデザート感覚で食べることが多いですね。

 

 

妊婦の人がダノンBIOを食べても大丈夫なのかというと、乳酸菌には副作用はないので
「食べ過ぎなければ大丈夫」
です。

 

食べ過ぎても、これといって危険はないんですけど、食べすぎ飲みすぎはどんなものでも体に負担がかかるのでおすすめしません。
ダノンBIOは値段も高いので、食べ過ぎるような人はいないと思いますけどね。

 

 

ダノンビオってスーパーで賞味期限が近くなったものが割り引きシールを張られていることが多いです。

 

 

なので
「急いで食べないと!」
と思う人もいるかもしれません。

 

でも、ヨーグルト自体が醗酵食品である意味腐った食べ物という点。
ダノンBIOのほとんどのヨーグルトが加糖タイプのヨーグルトで砂糖が入っている点。

 

こういうところを考えると、そんなに急いで食べなくても大丈夫だと思います。
まぁそこらへんは自己責任でお願いします。
でも、賞味期限があとわずかだからといって、沢山食べる必要はないと思います。

 

乳酸菌の効果は、一度に沢山食べるより、断続して乳酸菌を摂取することが重要だとされています。
ダノンビオは値段が高いですし、1日1個のペースを守ればいいと思います。
朝昼晩の1日3個でも別にいいと思いますけど。
無理して沢山食べる必要はないってことです。

 

 

 

 

値段が高いからすごそうに感じる?

人間、安いものと高いものなら、高いもののほうがすごそうに感じます。

 

ダノンビオはそういうところもあって
「便秘にいいかも」
と思えるところもあるのかも。

 

【ビオサイトはこちら】
ビオ

 

人によっては
「そんな思い込みではどうにもならないだろ」
って思うかもしれません。

 

でも、人間精神的なところから、体に影響を与えるってことはよくあることで。
スポーツ選手もプレッシャーによる緊張などで、本番でうまくいかないことは多々ありますよね。

 

 

だから、もしダノンビオが値段が高いから
「よさそう」
と思えるのなら、ダノンビオはアリだと思います。

 

 

少なくとも自分がダノンビオを食べて
「おいしいな」
と思ったのは、値段が高いからかもしれません。

 

でも、ダノンビオを食べたらやっぱり
「他のヨーグルトよりうまいわ」
って思うんです。

 

 

だから、大事なのは結果なんですよ。
値段が高いから良い結果がでたとしても。
それで結果がでたのなら、それでいいわけです。

 

 

そもそも乳酸菌なんて理屈ではないからな!
どの乳酸菌が優れているのかなんて、決めることはできないので。

 

本人がいろいろ試して、本人が決めるしかないんですよ。

 

 

そして人間少なくとも
【値段が高いほうが質が高く感じる】
わけで。

 

ビオは値段が高いから残念に思う人もいるかもしれませんけど。
値段が高いからこそ、便秘にも期待できるのかも。

 

【便秘】ダノンBIOヨーグルト BE80乳酸菌!いつ食べる?妊婦でも大丈夫?記事一覧

【BE80菌】いろいろな種類があるBIO!おすすめのヨーグルト

ダノンから販売されているBE80乳酸菌配合のBIO。BIOはいろいろな種類のBIOがあります。今回はBE80乳酸菌を配合しているBIOのいろいろな製品を紹介していくことにします。定番はやっぱり果肉入りタイプのヨーグルトだと思います。イオンのヨーグルト売り場に行くと、いろいろな種類のビオがずらっと並ん...

≫続きを読む

 

【BE80菌】2層仕立てのBIOを購入!味と効果

2013年に新発売されたBIO2層仕立てのBIOを紹介します。二層仕立てのBIOはその名のとおり上はヨーグルト下は果肉入りフルーツソースでなっているヨーグルトです。もちろんBIOということで、BE80菌が配合されています。BE80菌は便秘改善効果が高い乳酸菌として有名ですね。ダノンのほうはビオ14日...

≫続きを読む

 

【のむBIO】のむヨーグルトタイプのビオ!BE80菌配合

ダノンから販売されているのむBIOを紹介します。飲むBIOは1パック3本入りで、だいたい198円ほどの値段で販売されています。飲むBIOは1パック3本いりです。ヨーグルトのBIOは1パック4つで198円ほどの値段です。飲むビオはやや割高感を感じます。まぁビオシリーズは、ヨーグルトも飲むヨーグルトも値...

≫続きを読む

 

【効果】ビオBE80菌の便秘対策の実験結果

ビオに配合されているBE80菌は便秘に効果があると実験結果がでています。その実験結果を書いてみると高齢者と「BE80菌」に関する実験で50名を被験対象者として、「BE80菌」の入ったヨーグルトを2週間にわたり毎日125g×2個または125g×3個摂取する群に無作為に分けました。「カラーラベル法」とい...

≫続きを読む

 

【味】ダノンBIOを83%がおいしい!これは少ない

ダノンBIOのCMをみていると83%の人がBIOをおいしいと言ったとアピールしているのですが、83%は少ないと思います。メーカーとしては「83%もおいしいと言ったんですよ」と言いたいのかもしれませんけど。ヨーグルトなんてものは10人中9人がおいしいといってもおかしくないと思います。むしろ10人中10...

≫続きを読む

 

【BE80菌】テレビCMでおなじみのBIO!効果もアピール

BIOといえばテレビCMでよく見かけるヨーグルトです。ヨーグルトのテレビCMの中では、BIOが一番多く自分はみかけています。BIOだけではなく、ダノンのヨーグルトのCMはよくみかけますね。そう考えると一番みかけるのは、BIOではなくてダノンデンシアというカルシウムにこだわったヨーグルトかもしれません...

≫続きを読む

 

BE80乳酸菌がおなかのガス対策になる

ダノンBIOに配合されているBE80乳酸菌はおなかにガスがたまるのを対処してくれる効果があるとされています。腹部膨張に悩まされている人はBE80乳酸菌を摂取してみるのもいいでしょう。おなかにガスがたまるのは、腸内環境で悪玉菌が多くなっているからだと考えられます。その結果便秘がちになり、腐敗物がたまり...

≫続きを読む

 

BIOを14日間試すと便秘が改善する?

BIOのテレビCMやBIOのパッケージを見るとBIOを14日間続けることで効果を実感できるようなことが書かれています。実際乳酸菌の効果というのは、3ヶ月ぐらい試して効果を実感できるともいわれているので14日という2週間で効果を実感するのは難しいようにも感じます。ただ、2週間もの間便秘であり続けるとい...

≫続きを読む

 

ダノンBIOのCM動画を紹介します

ダノンBIOはよくテレビでCMが流れています。ダノンBIOのCMを紹介します。【ダノンBIOのCM動画はこちら】この動画ははじめてみました。ポールダンスインストラクターの「たけたにようこ」さんのインタビュー形式でBIOについて語られています。【動画内容】「食べるのがほんとに大好きでー」「でもプロポー...

≫続きを読む

 

BIOはおいしさ重視の便秘対策ヨーグルト

BIOはおいしいヨーグルトだといえます。BIOのヨーグルトをみてもおしゃれなものが多いです。女性はおしゃれなヨーグルトを食べたいと思う人も多いと思います。うちの母親は便秘なんですが、プレーンタイプの無糖ヨーグルトは「おいしくない」といって、ビオのような加糖タイプのヨーグルトを好んでいます。プレーンタ...

≫続きを読む

 

BIOの14日間チャレンジを実際にやろうかどうか検討中

最近おなかの張りが苦しいので、14日間チャレンジをやってみようかと思っています。ぶっちゃけ、ヨーグルトを食べるだけならもう3年ぐらい毎日しているのですがBIOを14日間連続で食べ続けたことはないです。そういう点で、だめもとで14日間チャレンジをやろうかと思っています。ただそうなると気になってくるのが...

≫続きを読む

 

BIOのBE80菌の便秘改善効果は高いと実感

BIOを20日間続けて、おなかの張りがよくなって、便秘も改善されました。自分はBIOを食べているときに、たまたまおなかの張りとうんちがでてくれたんだと思っていたところもあったのですがBIOのBE80菌の効果だったんじゃないかと最近は思っています。BE80菌の効果がすべてではないでしょうが、BE80菌...

≫続きを読む

 

BIOドリンク アサイー&ベリーミックス紹介

ダノンBIOにドリンクタイプが登場しました。今までも飲むヨーグルトタイプのBIOがありましたが、今回は容器が違います。いわゆるタンブラータイプとでもいえばいいでしょうか。カップタイプのBIOです。味はアサイー&ベリーミックスということで、こちらもいま話題のアサイーを使った果肉入りの飲むヨーグルトタイ...

≫続きを読む

 

BIOは他の果肉入りヨーグルトと比べ高い

他のメーカーの果肉入りヨーグルトは4パックつきで大体150円ぐらいです。明治、森永、メグミルク、各社代表するヨーグルトの果肉入りヨーグルトタイプも販売していますが、どれも4パックつきで150円ぐらいの値段です。でもダノンBIOは果肉入りヨーグルトの価格が高いです。4パックつきで200円から230円ぐ...

≫続きを読む

 

ビオは海外ではアクティビアという名前で売られている

ビオは海外ではアクティビアという名前で売られているということで、ちょっと調べてみました。いろいろ調べてみたので、海外のアクティビアについて目にしたことを書いてみるとアメリカのヨーグルトとしては小さいヨーグルトそれでも日本のビオよりはアクティビアのほうが大きい果肉は日本のものより海外のもののほうが多い...

≫続きを読む

 

ダノンBIOのBE80乳酸菌で便秘がよくなった効果を実感した人の口コミ紹介

ダノンBIOのBE80乳酸菌で便秘がよくなった効果を実感した人の口コミを紹介します!便秘気味でいろいろなヨーグルトを食べてきましたが、私にはビオが一番でした!いろいろな味があるのもうれしい!ビオを食べているとおなかの調子がいいわ。おならのにおいも軽減されたみたい。クリーミーでおいしいのもうれしい!お...

≫続きを読む

 

ダノンBIOヨーグルトの口コミや評判を紹介します

便秘に効果が高いと評判のダノンBIOヨーグルトの口コミを紹介します。どのビオにはいろいろな種類があります。どのダノンビオを食べての感想かは、人それぞれでわからないです。口コミは内容は簡単に、口コミの数を多く紹介しますね。【ダノンビオの口コミ】・便秘気味でいろいろなヨーグルトを食べましたが、私にはビオ...

≫続きを読む

 

目次