ジョアカルシウムビタミンD

ジョアはシロタ株のほかにもカルシウムとビタミンDが配合されている!

ジョアとヤクルト、この2つの飲料には乳酸菌シロタ株が配合されています。

 

 

 

ジョアがヤクルトより優れている点は

  • カルシウム
  • ビタミンD

これらが配合されている点でしょう。

 

カルシウム&ビタミンDといえば、子供の成長には欠かせない栄養素です。
そういう点で、便秘改善のための飲み物としてだけではなく、子供の成長の手助けにもなるのが魅力でしょう。

 

ヤクルトは高齢者が好んでいて、レジで並んで前にいるおじいさんおばあさんのカゴの中にヤクルトを見かけることもあります。
ジョアは若い人や子供が好む飲料に仕上がっているイメージがありますが、カルシウムやビタミンDが配合されている点を考えても、ヤクルトは狙ってそうしたのかもしれませんね。

 

 

便秘に悩んでいる女性はヤクルトよりジョアのほうが味が好きだという人もいるでしょう。
でも、1本あたりの価格の差を考えると、ヤクルトに落ち着く人が多いのでしょうね。

 

ジョアはたしかにジュース感覚で飲めますし、カルシウムとビタミンDも配合されています。
ただ断続して乳酸菌シロタ株を摂取するのなら、価格の点でヤクルトになりますよね。
乳酸菌は断続して健康への効果を実感するものですし、カルシウムやビタミンDも断続して摂取していかないといけないものですから、ジョアでカルシウム&ビタミンDを摂取していくのはちょっときびしいように感じます。

 

でも自分が子供だったら、毎日ジョアを1本飲めたのならうれしかったでしょうね。
太りそうですし、それだけでは物足りなく感じる気がしますけど!

 

今なら子供の頃を考えて、毎日ジョアを1本購入する親がいても不思議ではないような。
子供の成長のためにセノビックを購入する親も多いでしょうし。

 

昔はミロのCMがよくやっていたのに、最近はまったく見かけませんね。

 

 

でもミロも、カルシウム&ビタミンDを摂取できる飲料なんですよね。
テレビCMをみてセノビックに注目する親がいるのをみると、広告の力というのは大きいと感じます。


目次