LG21乳酸菌ピロリ菌効果

LG21乳酸菌はピロリ菌に効果がある!胃に付着しやすい乳酸菌

LG21乳酸菌は知っている人も多いと思いますが

 

ピロリ菌を減少させる効果

 

があるとされています。

 

ただLG21乳酸菌をいくら摂取してもピロリ菌の完全な除菌は無理でしょう。
そこは理解してください。

 

 

これまた知っている人は知っていると思いますが、ピロリ菌がなぜやっかいなのかというと、胃酸の置くの胃に住み着いているからなんです。
ピロリ菌自体はそんなに強い菌なわけでもないのですが、胃酸が弱い赤ちゃんから子供の頃に、ピロリ菌が胃酸の奥の胃に住み着いてしまったからやっかいなんです。

 

 

普通の乳酸菌に限らず、人間の胃酸によってほとんどの菌は死菌となります。
そうならないと危険な菌を摂取したら困りますよね。

 

大人になってから、ピロリ菌が体に住み着くことはほとんどありません。
これも胃酸のおかげです。
だから胃酸が菌を死菌としてくれるのはしょうがないことなんですよ。

 

でも、その胃酸に守られている格好で、ピロリ菌は胃の奥に住み着いてしまっているわけです。

 

じゃあピロリ菌に有効なLG21乳酸菌は、なぜ胃酸の奥にいるピロリ菌に有効なのかというと

 

胃に付着しやすいという特徴を持っている

 

からなんです。

 

つまり、乳酸菌の質が高いとかそういうことでピロリ菌に有効なわけではなく、胃に付着しやすいという特徴を持っているから、胃酸の奥の胃に住み着いたピロリ菌を減少させる効果があるわけです。

 

 

便秘の原因はほとんどが腸の状態が悪いからだとされていますが、胃にポリープ(ガン)などができても下痢になったり便秘になるとされています。
胃が原因で便秘になることもあれば、便秘が原因で胃が病気になることもあるとされています。

 

当然といえば当然ですが、胃が正常に働いてくれないと、食べ物を食べたりしたときに腸への負担が大きくなりますからね。

 

胃の調子が悪いと感じたのなら、ピロリ菌減少効果など胃に効果を発揮するLG21乳酸菌を摂取してみてはいかがでしょうか。
「LG21ヨーグルトで便秘が改善した」という口コミが@コスメのほうに多いのも、効果が期待できますね。


目次