ヤクルトの種類

ヤクルトにはいろいろな種類がある!ヤクルト400やヤクルトカロリーハーフ

ヤクルトといえば日本で一番有名な乳酸菌飲料といえるでしょうが
最近は普通のヤクルト以外にも、いろいろ種類のヤクルトが登場しています。

 

まずは普通のヤクルト。

 

 

おそらく一番売れていて、昔からあるヤクルトがこれですね。
1本65mlで約80円という価格で販売されています。

 

 

そしてこれがヤクルト400。

 

 

画像のものはヤクルト400LTというものですね。
ヤクルト400はシロタ株の量が400億個配合している製品で
普通のヤクルトはシロタ株の量が200億個ということで
2倍のシロタ株を配合しています。

 

LTはヤクルト400のカロリー控えめバージョンです。

 

 

これはヤクルト400カロリーハーフ。

 

 

カロリーを半分にしたヤクルトです。
甘さも控えめになっているとのことです。

 

 

昔はこんなにヤクルトの種類はなかったと思いますけどね。
最近はいろいろなヤクルトの種類が登場しているように思います。

 

いろいろなヤクルトの種類がでてきているのは
どうも若者向けにアピールするためのように感じます。

 

カロリーハーフのヤクルトになると、砂糖の量が控えめにして
その分甘味料を使っているのだと思いますが
甘味料を嫌う人もいるでしょう。

 

ヤクルトといえば、乳酸菌シロタ株を配合して
体に優しいという点と、健康にいいという点は重要だと思います。
若者にアピールするために、不健康な原材料を配合したりするのは
どうかと思ったりするのですけどね。
たしかに甘味料は賛否が分かれるわけで
抵抗がない人でカロリーが気になる人なら
カロリーハーフを選択すればいいだけなんでしょうけど。

 

【乳酸菌シロタ株紹介記事はこちら】
ヤクルトのシロタ株で善玉菌が増え、悪玉菌が減少される!

 

ヤクルトはいろいろな種類がでていますが
やっぱり定番は普通のヤクルトでしょう。

 

 

昔は自販機で2本で80円ぐらいで販売されているものもありましたが
最近はまったく自販機でヤクルトを販売しているものをみかけないので
子供や若者にとっては、ヤクルト離れもあるかもしれません。

 

ただプロ野球チームにヤクルトがあるという点で
ヤクルトの知名度が低くなることはないと思います。


目次

いろいろな種類があるヤクルト関連ページ

日本で一番有名ともいえるシロタ株
日本で一番有名な乳酸菌を配合している製品はヤクルトといっていいでしょう。そのヤクルトに配合されているシロタ株は、日本で一番有名な乳酸菌といえるかもしれません。
ソフールにもシロタ株が配合されている
ヤクルトやジョアだけではなく、ソフールにもシロタ株は配合されています。ヤクルトのヨーグルト。
乳酸菌シロタ株で腸トレ
ヤクルトに配合されている乳酸菌シロタ株で腸をトレーニング!
世界で飲まれているヤクルト
ヤクルトは日本だけではなく、今では世界中で飲まれている飲み物です。
ヤクルトドルチェを紹介します
乳酸菌シロタ株を配合したデザート「ヤクルトドルチェ」を紹介します。
シロタ株はNK細胞を活性化させガン予防にもなる
ヤクルトに配合されている乳酸菌シロタ株はNK細胞を活性化させ、がん予防にもなるとされています。
ジョアは飲み物だけではなくヨーグルトもある
ヤクルトから販売されているシロタ株配合の乳酸菌飲料のジョアは飲み物だけではなく、ヨーグルトのジョアもあります。
ヤクルト400はヤクルトレディから購入できる
乳酸菌シロタ株を1本に400億個配合したヤクルト400はヤクルトレディ限定で購入できるヤクルト。
ジョア 乳酸菌シロタ株の効果
ヤクルトから販売されているジョアには、ヤクルトと同じ乳酸菌シロタ株が配合されています。ジョアの効果を紹介します。
ジョアもヤクルトと同じ効果が期待できる?
ヤクルトは健康にいいとよく言われていますが、ジョアの効果はあまり聞きません。シロタ株を配合しているのでヤクルトと同じような効果が期待できるのでしょうか。