左腹の痛み 考えられる病気は便秘

左腹の痛みから考えられる病気!便秘の可能性

左腹が長期で痛いときに考えられる病気を紹介します。

 

それほどの痛みではないが、なかなか痛みがなくならない。
または食後など限られたときに左腹が痛む人は参考にしてみてください。

 

 

まず一番は便秘です。
便秘というのは、腸で腐敗物がつまっている症状で…。

 

まぁなんていうか、あれだ。
うんちがでても、でなくても、便秘ってなるんですよ。

 

 

たまに勘違いしている人がいますけど。
便秘をうんちがでない症状だと思っている人がいますけど。

 

自分は最近うんちがでた直後、左腹に激痛というか。
なにかがつまっているような違和感を感じましたから。
ようはうんちが出たばかりなのに、便秘で左腹に痛みがでたわけです。

 

なので、うんちが出た後に左腹が痛くなっても、便秘による腹痛の可能性があります。
便秘による腹痛なら、おならをしたり、うんちを出したり、時間の経過で楽になります。
まぁ1日も経過すれば、楽になると思います。

 

自分は約5時間ぐらいで楽になりました。

 

 

うーん、でも。
うんちをした1時間後ぐらいに、左腹が痛くなったので、自分もびっくりしましたね。

 

「え?さすがにもううんちとかでないぞ」
とか思ったんですけど、どうも左腹になにかがつまっているような違和感を感じたわけで…。

 

うんちをだしたから、上のほうにあった腐敗物が降りてきて痛みがでたのかな?
うまくいえませんけど、行列ができていてスマートな人が先に進んだら、後から太った人が来て立ち止まって左腹に腹痛がでたって言えばわかりやすいかな。

 

あ、結構うんちがでていない日が続いていたんですよね。
そして久しぶりにうんちをした後に、左腹が痛くなったので、結局便秘が原因なのかもしれません。

 

 

便秘の左腹の痛みは、横になっていろいろなポーズをとると、楽になったりする体勢があったりします。
うんちがでなくても、おならをしてガスを出したりすることでも楽になります。
いろいろなポーズを取って横になっても、左腹の痛みがまったく変化しないのなら便秘ではないかもしれません。

 

 

まぁなんか便秘(腸に腐敗物が止まっている)痛みって、実感できるというか。
腹痛とはちょっと違ったもどかしい痛みだったりするので、検討がつく人って多い気がします。

 

 

 

 

 

左腹の痛みが断続する場合

左腹が痛くなって、その痛みが何日も断続するのなら、それは便秘以外の症状かもしれません。
でも、そうなるともう判断の使用がないというか。

 

自分で判断しないで、大事なのは病院に行って確実に病気を知ることだと思います。
自分が考えていた病気と病院で検査したら違っていたら大変ですからね。

 

 

自分も左腹が痛みましたけど、1週間も続くのなら病院に行ったほうがいいです。
たいていは1週間もすれば
「そういえば、前どこかおなかが痛かった気がする」
と、左腹の痛みを忘れているものです。

 

 

人間風邪をひいたときは
「つらい、つらい」
と思いますけど、治れば風邪をひいていたときのつらさなんて忘れるものです。

 

左腹の痛みも、痛いときは
「うーん、なにか私生活で悪いことしたかな?」
と食事内容を考えたりしますけど。

 

お腹の調子が元に戻れば、そういうことも思わなくなる人がほとんどかと思いますね。

 

 

長々と書きましたけど、言いたかったことは
【左腹の痛みは1週間も続かないことのほうが多い】
ということです。

 

たしかに病院に行くのが一番なんですけど。
様子をみていれば、気がついたら治っていたなんていうことも多いです。

 

1週間ずっと痛みが続くのなら、ダッシュで病院に行きましょう。
さすがに1週間ずっと左腹が痛むとか、異常だと思います。

 

 

 

 

 

逆流性食道炎と過敏性腸症候群

食後に左腹が痛み、さらに左腹が張るような感じがあり、なかなか空腹にならずゲップをするとすっぱいものがこみあげてくるのなら

 

逆流性食道炎

 

の可能性があります。

 

簡単にいえば食べ物の消化に異常をきたしていて、ゲップをするとすっぱいのは胃酸がこみあげてきたからでしょう。
対処法としては、消化によいものを食べたり、食後はすぐに横になったりするのを避けます。

 

これはゲップをするとすっぱいものがこみあげてくるので、判断しやすいです。

 

 

他に左腹が痛いときに考えられる症状としては

 

過敏性腸症候群

 

があります。
下痢や便秘の人によくみられ、下痢や便秘を繰り返す症状だとされています。

 

 

これは病院にいって検査をしても、特に異常がなかったら過敏性腸症候群だと診断されることが多いです。
過敏性腸症候群で腹痛があっても、体には特に異常がないわけで、この症状だったのならお腹が痛くても、命に別状はないと思われるので安心かと。

 

 

左腹の腹痛で病院に来る人の多くは過敏性腸症候群だといわれています。
20代から40代に多く女性に多い症状です。
若い女性に多い症状だといえます。
女性に便秘の人が多いからでしょうか。

 

過敏性腸症候群としては、消化にいいものを食べつつ、ストレスを溜めない生活を送るということになりそうです。
実際のところ体には特に異常がないわけですからね。
胃や腸に負担をかけず、ストレスを溜めない生活を送って、気長に治していくしかないでしょう。

 

便秘による左腹の痛みも、便をだすことで解消されるわけで過敏性腸症候群と分類されます。

 

 

 

過敏性腸症候群つれづれ

過敏性腸症候群は腸に異常がないから、過敏性腸症候群と判断されるわけで。
用は原因不明なんですよね。

 

原因不明だから、なんとなく
「ストレスが原因かも〜」
なんて医者が逃げ道みたいなものを作っているのだと思います。
まぁ腸に異常がないのだから、医者としてもお手上げです。

 

 

自分的には過敏性腸症候群っていうのは、運動不足によるところも強いと思います。
とくに腹筋が弱っているというかな。

 

自分も過敏性腸症候群かと思って、ガンだったらいやだと思い、胃カメラ&大腸カメラをしたら、胃下垂っぽいみたいなことを言われました。
胃下垂というのは、胃が下に下がって腸によしかかっていることで便秘になっていたりするんですよね。

 

で、胃下垂を改善する(胃を上に戻す)ために必要なことが腹筋運動だったりします。

 

 

可能性の話でしかないですけど。
便秘で悩む人の原因が、運動不足な人って結構多いと思いますよ。

 

大人になると運動なんてまったくしなくなりますし。
特に女性は、体を動かさないというか、力を使わないことが多いと思うので…。
1週間ぐらい腹筋運動に力を入れたら、便秘が改善する人も多いかと。

 

 

 

 

 

その他いろいろ

運動後に左腹が痛むのなら、運動不足の人はそうなりやすいので時間の経過とともに治るかと。
えーと、ジョギングとかしたら、スタミナ不足の人は左腹が痛むことがあるんですよ。
それは単に運動不足だからかと。

 

運動後限定で左腹が痛むのなら、あまり心配は必要ないでしょう。
ただ、運動後の左腹の痛みが続くようなら、病院に行ったほうがいいのかもしれません。

 

 

他の左腹の痛みの症状は重い病気になるので、病院で判断してもらったほうがいいです。
特に常に左腹が痛く、何日も経過しても治る気配がないのなら、早めに病院にいったほうがいいです。

 

若い人ならそれほど深刻に考える必要はないかもしれません。
でも結構な年齢の人は、病院に行ったほうが絶対に安心です。

 

 

左腹が痛いときに可能性がある症状としては

 

大腸ガン

 

の可能性もあります。
大腸ガンの症状としては、便に血がついていたり、便が黒くタール状という点があります。

 

ただ、大腸ガンは軽度のときは症状(痛み)がでにくいものだとされています。
左腹が痛み大腸ガンだったのなら、そうとう進行してしまっている可能性があります。

 

 

そういう点でも、少しの左腹の痛みでも病院にいって検査したほうが確実性は高いです。
まぁそんな少しの痛みで病院に行っていたら、きりがない気がしますけど…。

 

それほどの痛みではない人や、痛みがすぐに治まる人なら話は別ですが、長いこと左腹の痛みがでるのなら、病院に行き検査したほうがいいと思いますね。。

 

 

検査して病名がわかることでストレスの軽減にもつながります。
むしろ、病院にいって検査するメリットはそこにあると思います。
「大腸ガンかもしれない」と思い生活するのは、ストレスがたまりますからね。

 

 

すべての症状にいえることですが

  • 消化によい食べ物を食べる
  • ストレスを溜めない
  • 適度な運動

これらのことは基本中の基本です。

 

腹痛がでようがでていまいが、頭に入れておいておいたほうがいいかと。
これら以外の規則正しい生活も重要です。

 

左腹の痛みがなぜでたのか、おもいあたるフシがあるのなら、病名はさらにわかりやすいかと思います。
特に思いあたるフシがないが、急に左腹が痛くなったのなら病院に行くべきです。

 

 

まぁ自分も現在30代で、潰瘍性大腸炎だったりしますけど。
腹痛はたびたびでたりしますけど、1週間もずっと痛みが続くというのはないですね。
長くて3日か、意識したら痛みを感じるぐらいのことが多いです。

 

案外左腹の痛みがあっても、次の日の朝には痛みが取れているかもしれません。
不安でのストレスもあまりよくないので、そこまでの痛みではないのなら、少し様子を見るのもいいと思います。

 

さっさとその日は寝て、次の日どうなっているのかで判断してもいいと思います。
案外、1日ゆっくり寝たらお腹の調子がよくなっていることは多いですから。

 

 

まぁ左腹が痛くなったら、7割超えの人が便秘だと思います。
でも便秘っていうのは別に軽い症状ではないんですよ。

 

うんちがでないことが便秘なのではなく。
腸に腐敗物やガスがつまった状態が便秘なわけで…。

 

便秘を勘違いしている人ほど、腸に腐敗物やガスがつまった痛みが
「なんの痛みだろ?」
と便秘の痛みを理解できない人が多いような…。
いや、自分も昔はそうだったんですけど。

 

 

ただやっぱりネガティブな人ほど、痛みがでると重症をイメージしたりするので…。
ストレスにより、より痛みが増すというか、不安になったりすると思います。
自分もA型ですけど、A型って損だわぁ。

 

ただ自分は便秘と下痢なら、下痢のほうが腸がよくない状態だと思っています。
だから便秘で腹痛がでているときって、下痢と比べれば腸の状態は良いと思いますよ。


目次

【左腹の痛み】考えられる病気!便秘!逆流性食道炎と過敏性腸症候群関連ページ

【便秘】朝ごはんを食べた後がうんちがでやすい
便秘の人は朝ごはんをきちんと食べましょう。朝ごはんを食べた後が、ウンチがでやすいです。
便秘と腸閉塞
便秘だと腸閉塞の関係!便秘だと思ったら、腸閉塞で命を落とす危険性。
善玉菌と悪玉菌
便秘は腸の中が善玉菌より悪玉菌が多くなっていることで、起こる症状だとされています。
なにもしなくても便通がよくなるときもある
ヨーグルトの乳酸菌の効果で便秘を改善しようとしなくても、人間なにもしなくても便通がよくなるときもあります。
便秘を治すというのは腸を健康にするということ
便秘を治すというのは、便を出すというわけではなく、腸を健康にすることというのを意識するべきなんです。
買いやすいヨーグルトを続けるほうが効果的
便秘によい乳酸菌を配合したヨーグルトを購入しようとするよりも、手軽に購入できるヨーグルトを購入して乳酸菌の摂取を続けたほうが、便通がよくなる可能性は高いと思います。
腸内環境を整えることを意識する
便秘を改善したいのなら、自分の腸内がどうなっているのか意識して生活するといいでしょう。
ヨーグルトを食べていてもおなかの調子が悪くなるときもある
いくらヨーグルトを食べて乳酸菌を摂取していても、おなかの調子が悪くなることはあります。
ヨーグルトはいつ食べるべき
便秘改善に効果を期待するためには、いつヨーグルトを食べればいいのか考えます。
便の状態で腸内環境がどうなっているのか考える
便の状態で自分の腸内環境がどうなっているのか判断できます。
便秘とはどのぐらい便がでない状態のことをさすのか?
便秘はどのぐらいのぐらいの期間うんちがでないことをさすのでしょうか?
便秘改善のために無糖ヨーグルトにこだわる必要はあるか?
便秘を改善させるために、無糖ヨーグルトにこだわる必要性があるでしょうか?
便秘をポジティブに考える
自分は下痢や軟便になったこともあるので、便秘のよさというのもわかります。便秘であることをポジティブに考えることもできるでしょう。
便秘を改善するには時間が必要
便秘はヨーグルトを食べてもすぐに便がでるわけではありません。便秘を治すためには時間が必要になります。
おなかが痛む便秘のときはヨーグルトが助かる
おなかが痛む便秘のときは、食事を抜いてヨーグルトだけ食べる対策ができるので助かります。
食事をヨーグルトだけにすると便秘に効果がある?
食事をヨーグルトだけにすると便秘に効果があるでしょうか?便秘で腹痛がでているときや、おなかが張っているときには助かります。
ヨーグルトの乳酸菌の効果ではなく、冷たいものを食べての便秘改善には注意
ヨーグルトの乳酸菌の効果で便秘が改善するのではなく、冷たいヨーグルトを食べ腸を冷やしての便は注意。
ヨーグルトを食べても便秘がよくならない人が多い
ヨーグルトを食べても、便秘がよくならない人も多いです。便秘とは謎が多い症状だと思いました。
ヨーグルトで便秘が改善されたら毎日便をだすのをめんどくさがらない
ヨーグルトを食べて便秘が改善されたのなら、毎日便をだしましょう。めんどくさがってうんちを出さなかったら、再び便秘になってしまう危険性があります。
腹痛がともなう便秘のときは食事をヨーグルトだけにする
腹痛がともなう便秘のときは、腸を休ませるのがいいので、なにも食べないで腸休めさせるのがいいのですが、そうなると体が心配なので、ヨーグルトぐらいは食べましょう。
便秘改善の基礎
ヨーグルトを食べる前にやるべき、便秘改善の基礎を紹介します。
便秘の人からしたら、毎日うんちがでるということはめんどくさく感じる人もいる
便秘だからうんちがでてほしいと思っていても、うんちがでたら、毎日うんちをするのをめんどくさく思う人がいます。
ヨーグルト(乳酸菌)を夜に摂取して朝に便秘が改善することはありえる
夜にヨーグルト(乳酸菌)を摂取して、次の日の朝に便秘が改善するということは、かなりありえることです。
便意を感じたのなら迷わずトイレに行く!
便秘なときに少しでも便意を感じたのなら、迷わずトイレに行ってください!でそうもなくても、少しでも便意を感じたのならトイレへ!
過敏性腸症候群の便秘なら十分な睡眠時間が重要
過敏性腸症候群の便秘なら十分な睡眠時間をとり、精神的にリラックスするのが重要です。便秘が改善されるのは先になるでしょうが、腸内環境はよくなります。
便秘はでるときにはでるし、でないときにはでない
便秘はできないときはとことんでないです。でも、でだしたら、便意が結構くるので、出せるだけだしておくべきです。
ヨーグルトの便秘改善効果はうんちがでる可能性をあげるにすぎない
ヨーグルトの便秘改善効果はうんちをだす可能性をあげる1つの方法にすぎません。
便秘で病院に行くべきか?
便秘になったら病院に行くべきでしょうか?便秘の原因は病気にあるかもしれません。
便秘ならうんちの状態を確認するのは基本中の基本
便秘の人はうんちの状態をチェックしましょう。便秘が病気のサインになっているかもしれません。
便秘で大腸ガンはありえるのか?
便秘の原因が大腸がんというのはありえるのでしょうか?
ヨーグルトを食べる便秘対策は大腸ガン予防になる
ヨーグルトを食べる便秘対策は、便秘を改善できなかったとしても、腸の病気予防につながります。大腸ガン予防にもつながるでしょう。
女性はヨーグルトを食べるより運動したほうが便秘改善するかと
女性はヨーグルトを食べるより、運動したほうが便秘改善しそうです。女性の腸内環境が悪いとは思えないです。