腹痛がともなう便秘

腹痛が伴う便秘のときは食べるのをヨーグルトぐらいにする

自分も腹痛を伴う便秘になったんです。
おなかというか、腸がきりきり痛むので食欲がほとんどでませんでした。

 

 

画像に深い意味はありません。

 

 

まず腹痛を伴う便秘になったら、食欲はないと思います。
なぜなら、食べたら腹痛がでるから。
腸が痛いのだから、腸を休ませたいと思うはずです。
そこで、腸を休ませたいと思わないのなら、どうにもなりません。

 

食べるのはたしかに満足感がありますから、「おなかが痛いけど食べたい!」という人もいるかもしれません。
でもそういう人には、もうなにもアドバイスできません。
スポーツ選手でも、怪我をすれば休みますよね。

 

 

おなかが痛い便秘になったのなら、腸を休ませることが重要です。
できれば、なにも食べないのがいいと思うのですが、そうなると栄養面で心配が残ります。
倒れても困るので、ヨーグルトぐらいはゆっくり食べましょう。

 

 

ヨーグルトは果肉入りの加糖ヨーグルトではなく、無糖タイプのプレーンヨーグルトをそのまま食べましょう。
水も飲んでおきましょう。

 

本当に生きるために最低限の食事をする

 

わけです。
1日だけ食事を抜き、腸休めをするだけでも、腹痛はかなり軽減します。
それでも、便秘が改善するのはもうちょっと後でしょうけどね。

 

 

便秘が改善するのは、神任せなところがあります。
でるように、神頼みしてください。
いや、しなくていいですけど。
どんなにヨーグルトを食べて、腸内環境を整えたとしても、うんちがでるのかどうかは運まかせです。
腸内環境を整える対策はとったのだから、後はでることを信じて待つしかありません。

 

腹痛が治まったのなら、便がでるまで待てると思います。
腹痛が治まらないのなら、下剤に頼る必要があるかもしれません。

 

ただ、下剤でうんちを出したとしても、便秘の根本的原因を改善したわけではないので、またすぐに便秘になり、腹痛が起こる可能性があります。
早めに腸内環境を整えたほうがいいです。

 

 

自分が思うに、腹痛をともなう便秘は、食べ物で消化に悪いものを食べたり、刺激的なものを食べたりで、腸を傷つけたことが原因でなったと思っています。
特に

 

食べる量には要注意

 

です。

 

具体的にいうのなら

  • ケンタッキー(油っぽい)を3個ぐらい食べる
  • カレー(辛い)を飲むように食べる。しかもおかわり
  • ラーメン(油)をあまり噛まないで飲み込む

こういうことをしていると、腹痛を伴う便秘になりやすいように思います。
どれも簡単に自分はできますけどね。
いや、だから腹痛を伴う便秘になったのでしょうけど。

 

これらのことをした後で、満足して眠ったりするとやばいですね!
睡眠は体を大きく治してくれますが、食べた後すぐの睡眠は食べたものが体に猛威を奮うように感じます。

 

別にケンタッキーやカレーやラーメンに罪はないです。
自分もちょくちょくこれらのものを食べたりします。
食べても大丈夫なんですよ。

 

でもこういうものを食べるのなら、おいしいからといってあまり噛まないで沢山食べると、腸に負担がかかります。
普通の人は、こういうものをがつがつ食べても特になにも起きません。
でも、こういうものをがつがつ食べて、運悪く腹痛を伴う便秘になったら、もう食べる気がうせます!
自分がそうでしたから。

 

それでも、腹痛がでても食べることを求める人はいると思います。
自分も腹痛を伴う便秘になりましたけど、食べようと思えば食べれましたから。
でも、そこでいろいろ食べるというのは、人間としてどうかと思います。

 

自分自身を裏切るような気がしたので、食事を抜いて腸休めをしたら、腹痛はその後2,3日したらおさまりましたね。
便秘はその後も4,5日に1回ぐらいでうんちがでるといったペースが続きましたけど。

 

 

腹痛を伴う便秘というのは、便がでるのかどうかは、腸内環境を整えて、あとはでるのを待つしかないと思うんです。
でも腹痛のほうは、腸を休める努力はできると思います。

 

テレビでは1日3食食べるのが重要だといっていますが、腸が痛んでいるのなら話は別です。
足を骨折している人に、適度な運動が重要だといい、ジョギングさせるでしょうか?

 

人間少し考えれば、どうすればいいのかわかると思うんですよね。
自分の状況を考え、最善の答えを出すことが重要です。


目次

腹痛がともなう便秘のときは食事をヨーグルトだけにする関連ページ

【便秘】朝ごはんを食べた後がうんちがでやすい
便秘の人は朝ごはんをきちんと食べましょう。朝ごはんを食べた後が、ウンチがでやすいです。
【左腹の痛み】考えられる病気!便秘!逆流性食道炎と過敏性腸症候群
左腹が痛いときに考えられる病気を紹介します。一番は便秘です。
便秘と腸閉塞
便秘だと腸閉塞の関係!便秘だと思ったら、腸閉塞で命を落とす危険性。
善玉菌と悪玉菌
便秘は腸の中が善玉菌より悪玉菌が多くなっていることで、起こる症状だとされています。
なにもしなくても便通がよくなるときもある
ヨーグルトの乳酸菌の効果で便秘を改善しようとしなくても、人間なにもしなくても便通がよくなるときもあります。
便秘を治すというのは腸を健康にするということ
便秘を治すというのは、便を出すというわけではなく、腸を健康にすることというのを意識するべきなんです。
買いやすいヨーグルトを続けるほうが効果的
便秘によい乳酸菌を配合したヨーグルトを購入しようとするよりも、手軽に購入できるヨーグルトを購入して乳酸菌の摂取を続けたほうが、便通がよくなる可能性は高いと思います。
腸内環境を整えることを意識する
便秘を改善したいのなら、自分の腸内がどうなっているのか意識して生活するといいでしょう。
ヨーグルトを食べていてもおなかの調子が悪くなるときもある
いくらヨーグルトを食べて乳酸菌を摂取していても、おなかの調子が悪くなることはあります。
ヨーグルトはいつ食べるべき
便秘改善に効果を期待するためには、いつヨーグルトを食べればいいのか考えます。
便の状態で腸内環境がどうなっているのか考える
便の状態で自分の腸内環境がどうなっているのか判断できます。
便秘とはどのぐらい便がでない状態のことをさすのか?
便秘はどのぐらいのぐらいの期間うんちがでないことをさすのでしょうか?
便秘改善のために無糖ヨーグルトにこだわる必要はあるか?
便秘を改善させるために、無糖ヨーグルトにこだわる必要性があるでしょうか?
便秘をポジティブに考える
自分は下痢や軟便になったこともあるので、便秘のよさというのもわかります。便秘であることをポジティブに考えることもできるでしょう。
便秘を改善するには時間が必要
便秘はヨーグルトを食べてもすぐに便がでるわけではありません。便秘を治すためには時間が必要になります。
おなかが痛む便秘のときはヨーグルトが助かる
おなかが痛む便秘のときは、食事を抜いてヨーグルトだけ食べる対策ができるので助かります。
食事をヨーグルトだけにすると便秘に効果がある?
食事をヨーグルトだけにすると便秘に効果があるでしょうか?便秘で腹痛がでているときや、おなかが張っているときには助かります。
ヨーグルトの乳酸菌の効果ではなく、冷たいものを食べての便秘改善には注意
ヨーグルトの乳酸菌の効果で便秘が改善するのではなく、冷たいヨーグルトを食べ腸を冷やしての便は注意。
ヨーグルトを食べても便秘がよくならない人が多い
ヨーグルトを食べても、便秘がよくならない人も多いです。便秘とは謎が多い症状だと思いました。
ヨーグルトで便秘が改善されたら毎日便をだすのをめんどくさがらない
ヨーグルトを食べて便秘が改善されたのなら、毎日便をだしましょう。めんどくさがってうんちを出さなかったら、再び便秘になってしまう危険性があります。
便秘改善の基礎
ヨーグルトを食べる前にやるべき、便秘改善の基礎を紹介します。
便秘の人からしたら、毎日うんちがでるということはめんどくさく感じる人もいる
便秘だからうんちがでてほしいと思っていても、うんちがでたら、毎日うんちをするのをめんどくさく思う人がいます。
ヨーグルト(乳酸菌)を夜に摂取して朝に便秘が改善することはありえる
夜にヨーグルト(乳酸菌)を摂取して、次の日の朝に便秘が改善するということは、かなりありえることです。
便意を感じたのなら迷わずトイレに行く!
便秘なときに少しでも便意を感じたのなら、迷わずトイレに行ってください!でそうもなくても、少しでも便意を感じたのならトイレへ!
過敏性腸症候群の便秘なら十分な睡眠時間が重要
過敏性腸症候群の便秘なら十分な睡眠時間をとり、精神的にリラックスするのが重要です。便秘が改善されるのは先になるでしょうが、腸内環境はよくなります。
便秘はでるときにはでるし、でないときにはでない
便秘はできないときはとことんでないです。でも、でだしたら、便意が結構くるので、出せるだけだしておくべきです。
ヨーグルトの便秘改善効果はうんちがでる可能性をあげるにすぎない
ヨーグルトの便秘改善効果はうんちをだす可能性をあげる1つの方法にすぎません。
便秘で病院に行くべきか?
便秘になったら病院に行くべきでしょうか?便秘の原因は病気にあるかもしれません。
便秘ならうんちの状態を確認するのは基本中の基本
便秘の人はうんちの状態をチェックしましょう。便秘が病気のサインになっているかもしれません。
便秘で大腸ガンはありえるのか?
便秘の原因が大腸がんというのはありえるのでしょうか?
ヨーグルトを食べる便秘対策は大腸ガン予防になる
ヨーグルトを食べる便秘対策は、便秘を改善できなかったとしても、腸の病気予防につながります。大腸ガン予防にもつながるでしょう。
女性はヨーグルトを食べるより運動したほうが便秘改善するかと
女性はヨーグルトを食べるより、運動したほうが便秘改善しそうです。女性の腸内環境が悪いとは思えないです。