便秘改善の基礎

便秘改善の基礎は私生活にある

ヨーグルトを食べる便秘対策はいいことです。

 

 

でも、それ以前にすべき便秘改善対策があります。
今回はそれを紹介します。

 

1.水分を取る

 

1日1.5Lから2Lとるのが理想だとされています。
理想は水でしょう。

 

水に勝るものはありません。
水ならいますぐにでものめるでしょう。蛇口をひねれば水はでますから。
それでも水を飲まない人がいるわけですよ!

 

水が嫌な人は、便秘に効果があるお茶なんかを飲むといいかもしれませんね。

 

 

自分は結構いろいろなお茶を試しています。

 

ただ1.5L〜2Lというのは、食事時なんかに結構飲まないと厳しいでしょうね。
そういう点で、お茶を毎日そんなに飲んでいられない(出費的に)ので、やっぱり水を飲む必要があると思います。

 

 

2.野菜を食べ食物繊維を摂取する

 

野菜にこだわらなくてもいいと思うんです。
規則正しい食事をすればいいと思います。

 

人間腸は高齢にならない限り、基本健康だと思います。
でも、食べるもので腸が悪化するから、それを調和するために野菜を食べたりする必要があるように感じます。

 

普段から油っぽいものを食べたりしなければ、大丈夫だと思いますね。
でも、若い人は油っぽいものを好むでしょうから、そういう点でもっと野菜を食べ、食物繊維などを摂取すべきなんでしょう。

 

 

3.適度な運動

 

便秘関係なしに運動は適度にやっておいたほうがいいです。
運動は体力的なものがうんたらかんたらを考える人が多いかもしれませんが、人間の体の中の状態をよくしてくれます。

 

便秘改善効果だけではなく、体の中の血の流れをよくしてくれるといえばいいでしょうか。
逆にいえば、運動をしなかったら、体の中はどろどろで、体調がすぐれなくなる可能性があります。

 

スポーツマンはさわやかなイメージがあったりしますけど、それはスポーツで体の中の流れがいいからなのかもしれません。
運動をしないと、体の中がどろどろなわけで、さわやかになれないですよね…。

 

 

 

こんなところです。
自分も以前までは運動なんかしなくても食事に気をつけていれば健康だと思っていました。

 

でも

 

運動はすごく大事

 

だといまでは思っています。
運動しなすぎて緊張型頭痛になったりしましたから!

 

一度体に悪いところがあると、悪循環なのか次々と悪いところがでてくるので、運動不足は避けましょう。


目次

便秘改善の基礎関連ページ

【便秘】朝ごはんを食べた後がうんちがでやすい
便秘の人は朝ごはんをきちんと食べましょう。朝ごはんを食べた後が、ウンチがでやすいです。
【左腹の痛み】考えられる病気!便秘!逆流性食道炎と過敏性腸症候群
左腹が痛いときに考えられる病気を紹介します。一番は便秘です。
便秘と腸閉塞
便秘だと腸閉塞の関係!便秘だと思ったら、腸閉塞で命を落とす危険性。
善玉菌と悪玉菌
便秘は腸の中が善玉菌より悪玉菌が多くなっていることで、起こる症状だとされています。
なにもしなくても便通がよくなるときもある
ヨーグルトの乳酸菌の効果で便秘を改善しようとしなくても、人間なにもしなくても便通がよくなるときもあります。
便秘を治すというのは腸を健康にするということ
便秘を治すというのは、便を出すというわけではなく、腸を健康にすることというのを意識するべきなんです。
買いやすいヨーグルトを続けるほうが効果的
便秘によい乳酸菌を配合したヨーグルトを購入しようとするよりも、手軽に購入できるヨーグルトを購入して乳酸菌の摂取を続けたほうが、便通がよくなる可能性は高いと思います。
腸内環境を整えることを意識する
便秘を改善したいのなら、自分の腸内がどうなっているのか意識して生活するといいでしょう。
ヨーグルトを食べていてもおなかの調子が悪くなるときもある
いくらヨーグルトを食べて乳酸菌を摂取していても、おなかの調子が悪くなることはあります。
ヨーグルトはいつ食べるべき
便秘改善に効果を期待するためには、いつヨーグルトを食べればいいのか考えます。
便の状態で腸内環境がどうなっているのか考える
便の状態で自分の腸内環境がどうなっているのか判断できます。
便秘とはどのぐらい便がでない状態のことをさすのか?
便秘はどのぐらいのぐらいの期間うんちがでないことをさすのでしょうか?
便秘改善のために無糖ヨーグルトにこだわる必要はあるか?
便秘を改善させるために、無糖ヨーグルトにこだわる必要性があるでしょうか?
便秘をポジティブに考える
自分は下痢や軟便になったこともあるので、便秘のよさというのもわかります。便秘であることをポジティブに考えることもできるでしょう。
便秘を改善するには時間が必要
便秘はヨーグルトを食べてもすぐに便がでるわけではありません。便秘を治すためには時間が必要になります。
おなかが痛む便秘のときはヨーグルトが助かる
おなかが痛む便秘のときは、食事を抜いてヨーグルトだけ食べる対策ができるので助かります。
食事をヨーグルトだけにすると便秘に効果がある?
食事をヨーグルトだけにすると便秘に効果があるでしょうか?便秘で腹痛がでているときや、おなかが張っているときには助かります。
ヨーグルトの乳酸菌の効果ではなく、冷たいものを食べての便秘改善には注意
ヨーグルトの乳酸菌の効果で便秘が改善するのではなく、冷たいヨーグルトを食べ腸を冷やしての便は注意。
ヨーグルトを食べても便秘がよくならない人が多い
ヨーグルトを食べても、便秘がよくならない人も多いです。便秘とは謎が多い症状だと思いました。
ヨーグルトで便秘が改善されたら毎日便をだすのをめんどくさがらない
ヨーグルトを食べて便秘が改善されたのなら、毎日便をだしましょう。めんどくさがってうんちを出さなかったら、再び便秘になってしまう危険性があります。
腹痛がともなう便秘のときは食事をヨーグルトだけにする
腹痛がともなう便秘のときは、腸を休ませるのがいいので、なにも食べないで腸休めさせるのがいいのですが、そうなると体が心配なので、ヨーグルトぐらいは食べましょう。
便秘の人からしたら、毎日うんちがでるということはめんどくさく感じる人もいる
便秘だからうんちがでてほしいと思っていても、うんちがでたら、毎日うんちをするのをめんどくさく思う人がいます。
ヨーグルト(乳酸菌)を夜に摂取して朝に便秘が改善することはありえる
夜にヨーグルト(乳酸菌)を摂取して、次の日の朝に便秘が改善するということは、かなりありえることです。
便意を感じたのなら迷わずトイレに行く!
便秘なときに少しでも便意を感じたのなら、迷わずトイレに行ってください!でそうもなくても、少しでも便意を感じたのならトイレへ!
過敏性腸症候群の便秘なら十分な睡眠時間が重要
過敏性腸症候群の便秘なら十分な睡眠時間をとり、精神的にリラックスするのが重要です。便秘が改善されるのは先になるでしょうが、腸内環境はよくなります。
便秘はでるときにはでるし、でないときにはでない
便秘はできないときはとことんでないです。でも、でだしたら、便意が結構くるので、出せるだけだしておくべきです。
ヨーグルトの便秘改善効果はうんちがでる可能性をあげるにすぎない
ヨーグルトの便秘改善効果はうんちをだす可能性をあげる1つの方法にすぎません。
便秘で病院に行くべきか?
便秘になったら病院に行くべきでしょうか?便秘の原因は病気にあるかもしれません。
便秘ならうんちの状態を確認するのは基本中の基本
便秘の人はうんちの状態をチェックしましょう。便秘が病気のサインになっているかもしれません。
便秘で大腸ガンはありえるのか?
便秘の原因が大腸がんというのはありえるのでしょうか?
ヨーグルトを食べる便秘対策は大腸ガン予防になる
ヨーグルトを食べる便秘対策は、便秘を改善できなかったとしても、腸の病気予防につながります。大腸ガン予防にもつながるでしょう。
女性はヨーグルトを食べるより運動したほうが便秘改善するかと
女性はヨーグルトを食べるより、運動したほうが便秘改善しそうです。女性の腸内環境が悪いとは思えないです。