うんちが出た後にヨーグルトを食べる

うんちの後にヨーグルトを食べることで便秘改善効果が大

便秘だからヨーグルトを食べ、乳酸菌で腸内環境を整え、うんちを出そうとする人が多いと思います。
便秘で腹痛があったり、おなかが張って苦しいといった悩みがあるから、便秘を改善しようとヨーグルトを食べる人が多いでしょう。

 

 

便秘のときは、うんちがでずおなかの中に腐敗物がたまっていて、腸に悪玉菌が増えている状態です。
だからヨーグルトの乳酸菌で善玉菌を増やそうとするわけですが、うんちがでていないので腐敗物の影響で悪玉菌が多く、ヨーグルトを食べてもなかなか腸内環境がよくならないわけです。

 

で、うんちがでてすっきりして
「うんちがでたから、ヨーグルトはまたでなくなるまで食べなくてもいいな」
と思う人もいるかもしれませんが、うんちが出た後こそチャンスなんです。

 

単純におなかの中の腐敗物をうんちとして出したわけで、おなかの中がすっきりしている状態です。
そのときにヨーグルトを食べることで、乳酸菌が腸で善玉菌を増やす効果が発揮されます。

 

腸では善玉菌と悪玉菌がいて、優勢なほうに日和見菌が変化します。
便秘な人は、腸に腐敗物がたまっているので悪玉菌がどうしても優勢になります。

 

なので腸が悪玉菌でいっぱいの人は、どんなにヨーグルトを食べて乳酸菌を摂取しても、大量の悪玉菌の前では善玉菌も無力です。
そういう人は腸内洗浄をして、腸をすっきりさせないと、どうにもならないとも言われています。

 

そこまで腸の状態がひどくなる人はほとんどいないでしょうが

 

うんちがでて、おなかの中がすっきりしたときこそヨーグルトの効果は発揮されやすい

 

ということを覚えて置いてください。
便秘のときに腸内環境をよくすることは、便秘だからこそ難しいことだと頭に入れておきましょう。

 

 

便秘のときは、悪循環で腸内環境も悪くなりやすいんです。
でもうんちがでたときは、好循環で腸内環境も良くなりやすいので、そのときに善玉菌を増やす対策をしてみてはいかがでしょうか。

 

うんちがでたら満足してしまう人も多いでしょうが、うんちがでた後こそ、便秘を根本的に改善するチャンスだといえるわけですね。


目次

便秘にヨーグルトもいいけど、うんちが出た後にヨーグルトが効果が高い関連ページ

【ヨーグルト】砂糖はいれないべき?便秘効果がなくなり悪化?
無糖ヨーグルトになると、砂糖をいれたくなります。砂糖は悪玉菌を増やす要因になるので、便秘改善効果の障害となる可能性があります。
無糖タイプのヨーグルトと加糖タイプのヨーグルトの差
ヨーグルトには無糖タイプのものと加糖タイプのものがありますが、この2つのヨーグルトの差を考えます。
乳酸菌の効果は便秘だけではない
乳酸菌の効果は、便秘対策以外にも、いろいろな効果が期待でいます。
自分と相性のよい乳酸菌を見つけよう
乳酸菌は人との相性によって、効果がでたり、でなかったりするとされています。自分にあった乳酸菌をみつけましょう。
動物性乳酸菌と植物性乳酸菌
最近植物性乳酸菌という言葉をよく効きますが、この植物性乳酸菌について考えてみます。
いまでは質の高い乳酸菌を配合していないヨーグルトのほうが少ない
最近のヨーグルトには、質の高い乳酸菌を配合しているものがほとんどです。
乳酸菌がしてくれる効果は腸内環境をよくするサポートである
乳酸菌の効果は腸内環境をよくするサポートであり、便通をよくするためには乳酸菌の摂取以外にも、本人の努力が必要だといえるでしょう。
乳酸菌摂取を断続しないと効果は実感しづらい
乳酸菌に便秘改善効果を期待するのなら、乳酸菌の摂取を断続しないときびしいかと思います。
善玉菌と悪玉菌の関係
人間の腸内には善玉菌と悪玉菌がいて、乳酸菌は善玉菌を増やす効果があります。
乳酸菌で便秘改善を考えているのなら、まずは新ビオフェルミンSを試そう
乳酸菌での便秘改善を考えるのなら、まずは新ビオフェルミンSを試したいところです。
無糖ヨーグルトのほうが加糖ヨーグルトより効果が期待できるわけ
無糖タイプのヨーグルトは加糖タイプのヨーグルトより、便秘改善に効果が期待できると考えられます。その理由を紹介します。
無糖ヨーグルトが便秘改善に効果が高い?
便秘を改善するのなら無糖ヨーグルトが効果が高い?
ヨーグルトの健康効果に期待するのなら食後に食べるのがおすすめ
ヨーグルトの健康効果に期待しているのなら食後にヨーグルトを食べるのをおすすめします。胃酸や胆汁酸が薄まっているので、乳酸菌が生きて腸まで届きやすいです。
ヨーグルトは便秘改善効果以外にもいろいろと魅力的な効果がある
ヨーグルトは便秘改善効果以外にもいろいろ魅力的な効果があるので、食べて損はありません。
ヨーグルトは便秘のときだけではなく、便秘が改善されたときも摂取するのが大事
乳酸菌は便秘のときだけではなく、便秘が改善されたときに摂取すると効果が高いです。
ヨーグルトは便秘以外の病気にも役に立つ
ヨーグルトは便秘以外の病気にも役に立ちます。便秘が改善されても食べ続けたい食品です。
新ビオフェルミンSは整腸薬だが毎日飲んだほうがいい
新ビオフェルミンSは整腸薬という分類ですが、毎日飲むことで乳酸菌を毎日摂取でき、便秘予防に効果が期待できます。
ギリシャヨーグルトパルテノは便秘に効果がある?
最近話題のギリシャヨーグルトのパルテノ。便秘に効果があるでしょうか?