無糖タイプのヨーグルトと加糖タイプのヨーグルトの差

無糖ヨーグルトのほうが加糖ヨーグルトより便秘改善効果を期待できる

無糖タイプのヨーグルトのほうが、加糖タイプのヨーグルトより便秘改善効果を期待できるでしょう。
その理由は

 

砂糖や甘味料の差

 

だといえます。

 

 

砂糖は悪玉菌の餌になるとされていて、腸内環境を悪化させるとされています。
加糖タイプのヨーグルトには、結構な量の砂糖が配合されているでしょう。
その理由として、無糖タイプのヨーグルトを甘くするには、そうとうな量の砂糖を入れないと、なかなか甘くなりません。

 

ヨーグルトに配合されている乳酸菌は腸内環境を整えて、その結果便秘を改善してくれるわけですが、ヨーグルトに砂糖が入っているのなら、乳酸菌は腸内環境をよくしようとしても、砂糖が腸内環境を悪化させようとして、乳酸菌の魅力が半減していまいます。

 

 

ただ、加糖タイプのヨーグルトのほうが

 

おいしいから続く人も多い

 

ように感じます。
いくら無糖タイプのヨーグルトのほうが、便秘改善効果を期待できるといっても

 

おいしくないから続かないのでは意味がない

 

です。

 

 

無糖タイプのヨーグルトを食べなくなるぐらいなら、加糖タイプのヨーグルトを食べたほうがいいでしょう。
そして、無糖タイプのヨーグルトを加糖タイプのヨーグルトをより薦めるというのは、野暮のように感じます。

 

 

「無糖タイプのヨーグルトに砂糖を入れて食べたら意味がない」という人もいそうですが、自分はそうは思いません。
加糖タイプのヨーグルトと、無糖タイプのヨーグルトに自分で砂糖を入れたヨーグルトは、味がまったく同じではありませんから。
無糖タイプのヨーグルトなら、自分で砂糖の量を調節することもできますからね。

 

 

たしかに効果だけを考えれば、無糖タイプのヨーグルトのほうがいいと思いますが、どんな食べ物もおいしいものが好まれます。
もちろん無糖タイプのヨーグルトがおいしくないわけではないですが、加糖タイプのヨーグルトのほうが、多くの人に好まれているように感じますね。
甘いというのは、やっぱりおいしく感じます。

 

そして加糖タイプのヨーグルトがなかったのなら、ヨーグルトはこれほど多くの人に好かれるような食べ物ではなかったように感じます。
ヨーグルトと聞くと、「おいしい」とイメージできるところがあるのは、加糖ヨーグルト(砂糖や甘味料)のおかげでしょう。

 

 

でも、ヨーグルトというのは生乳(牛乳)に乳酸菌を入れて醗酵させたものです。
砂糖というのは、後から入れるものであって、ヨーグルトを作る上で、絶対に必要だというものではないです。

 

だから、本当のヨーグルトというのは、無糖タイプのヨーグルトのことなんですよね。
でも考えてみてください、味付けをしない肉なんておいしくないですよね。
むしろ、タレがない肉なんて、食べていて苦痛だと思います。

 

そういう点で、加糖タイプのヨーグルトというのは、それが普通なのかもしれません。
醤油をかけない寿司を想像してみてください。
やっぱりどこか物足りないですよね。


目次

無糖ヨーグルトのほうが加糖ヨーグルトより効果が期待できるわけ関連ページ

【ヨーグルト】砂糖はいれないべき?便秘効果がなくなり悪化?
無糖ヨーグルトになると、砂糖をいれたくなります。砂糖は悪玉菌を増やす要因になるので、便秘改善効果の障害となる可能性があります。
無糖タイプのヨーグルトと加糖タイプのヨーグルトの差
ヨーグルトには無糖タイプのものと加糖タイプのものがありますが、この2つのヨーグルトの差を考えます。
乳酸菌の効果は便秘だけではない
乳酸菌の効果は、便秘対策以外にも、いろいろな効果が期待でいます。
自分と相性のよい乳酸菌を見つけよう
乳酸菌は人との相性によって、効果がでたり、でなかったりするとされています。自分にあった乳酸菌をみつけましょう。
動物性乳酸菌と植物性乳酸菌
最近植物性乳酸菌という言葉をよく効きますが、この植物性乳酸菌について考えてみます。
いまでは質の高い乳酸菌を配合していないヨーグルトのほうが少ない
最近のヨーグルトには、質の高い乳酸菌を配合しているものがほとんどです。
乳酸菌がしてくれる効果は腸内環境をよくするサポートである
乳酸菌の効果は腸内環境をよくするサポートであり、便通をよくするためには乳酸菌の摂取以外にも、本人の努力が必要だといえるでしょう。
乳酸菌摂取を断続しないと効果は実感しづらい
乳酸菌に便秘改善効果を期待するのなら、乳酸菌の摂取を断続しないときびしいかと思います。
善玉菌と悪玉菌の関係
人間の腸内には善玉菌と悪玉菌がいて、乳酸菌は善玉菌を増やす効果があります。
乳酸菌で便秘改善を考えているのなら、まずは新ビオフェルミンSを試そう
乳酸菌での便秘改善を考えるのなら、まずは新ビオフェルミンSを試したいところです。
無糖ヨーグルトが便秘改善に効果が高い?
便秘を改善するのなら無糖ヨーグルトが効果が高い?
ヨーグルトの健康効果に期待するのなら食後に食べるのがおすすめ
ヨーグルトの健康効果に期待しているのなら食後にヨーグルトを食べるのをおすすめします。胃酸や胆汁酸が薄まっているので、乳酸菌が生きて腸まで届きやすいです。
ヨーグルトは便秘改善効果以外にもいろいろと魅力的な効果がある
ヨーグルトは便秘改善効果以外にもいろいろ魅力的な効果があるので、食べて損はありません。
ヨーグルトは便秘のときだけではなく、便秘が改善されたときも摂取するのが大事
乳酸菌は便秘のときだけではなく、便秘が改善されたときに摂取すると効果が高いです。
ヨーグルトは便秘以外の病気にも役に立つ
ヨーグルトは便秘以外の病気にも役に立ちます。便秘が改善されても食べ続けたい食品です。
便秘にヨーグルトもいいけど、うんちが出た後にヨーグルトが効果が高い
便秘だからヨーグルトを食べるというのもいいですが、うんちが出た後にヨーグルトを食べると効果が高いです。
新ビオフェルミンSは整腸薬だが毎日飲んだほうがいい
新ビオフェルミンSは整腸薬という分類ですが、毎日飲むことで乳酸菌を毎日摂取でき、便秘予防に効果が期待できます。
ギリシャヨーグルトパルテノは便秘に効果がある?
最近話題のギリシャヨーグルトのパルテノ。便秘に効果があるでしょうか?