動物性乳酸菌と植物性乳酸菌

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌を考える!胃酸に強い植物性乳酸菌

最近よく

 

植物性乳酸菌配合

 

という言葉をみたり聞いたりします。

 

 

カゴメラブレでおなじみの植物性乳酸菌。
植物性乳酸菌は動物性乳酸菌より、人の胃酸に強いとされています。
その結果植物性乳酸菌のほうが、生きて腸まで届きやすいといわれています。

 

 

動物性乳酸菌というのは、動物の乳からとれる乳酸菌のことで
植物性乳酸菌というのは、植物から取れる乳酸菌のことです。

 

基本動物性乳酸菌が多かったですが
最近では漬け物からとれる乳酸菌や、お米から取れる乳酸菌など
植物性乳酸菌に注目しているメーカーも増えています。

 

メーカーもすこしでも購入層に

 

質の高い乳酸菌を入っていることをアピールしたい

 

ところがあるから、植物性乳酸菌を配合したり
植物性乳酸菌配合とアピールしたりするのでしょう。

 

実際のところ動物性乳酸菌より植物性乳酸菌のほうが
人の胃酸に強いとされていますから、それが事実なら
植物性乳酸菌のほうが効果に期待がもてるといえるでしょう。

 

 

ただ、乳酸菌というものは

 

人との相性で効果が決まる

 

ともされています。
なので動物性乳酸菌だろうと、植物性乳酸菌だろうと
相性がよければ、効果は実感するでしょうし
相性が悪ければ、効果は実感しにくいと思います。

 

そういう点で、絶対に動物性乳酸菌より
植物性乳酸菌のほうが優れているとはいえません。

 

なので、あまり大げさに植物性乳酸菌だとアピールしているメーカーに
うんざりしている人もいるように感じます。
実際動物性乳酸菌も植物性乳酸菌も菌には変わりなく
腸で善玉菌を増やしてくれる働きがあることには変わりありません。

 

たしかにメーカー側は、自社の製品に配合している乳酸菌が
質の高い乳酸菌だとアピールしたいところはあるのでしょうが
実際のところ

 

動物性乳酸菌なのか、植物性乳酸菌なのかということを
深く考える必要はまったくない

 

と思います。
特に「動物性乳酸菌だからダメ」という思考になってしまうのは危険だと思います。

 

最近は
「質の低い乳酸菌だと摂取しても意味がない」
と考える人も多くなっているように感じます。
そもそも乳酸菌に質の高い、質の低いというのは
どこで判断すればいいのか、その時点で難しいところがあります。

 

たしかに生きて腸まで届き、死菌になりにくい乳酸菌は効果が期待できます。
でも、その死菌になりやすいのか、なりにくいのかという点こそ
人と乳酸菌の相性によるところが強いので
植物性乳酸菌だから、絶対に生きて腸まで届くということは
ありえないと自分は思っています。


目次

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌関連ページ

【ヨーグルト】砂糖はいれないべき?便秘効果がなくなり悪化?
無糖ヨーグルトになると、砂糖をいれたくなります。砂糖は悪玉菌を増やす要因になるので、便秘改善効果の障害となる可能性があります。
無糖タイプのヨーグルトと加糖タイプのヨーグルトの差
ヨーグルトには無糖タイプのものと加糖タイプのものがありますが、この2つのヨーグルトの差を考えます。
乳酸菌の効果は便秘だけではない
乳酸菌の効果は、便秘対策以外にも、いろいろな効果が期待でいます。
自分と相性のよい乳酸菌を見つけよう
乳酸菌は人との相性によって、効果がでたり、でなかったりするとされています。自分にあった乳酸菌をみつけましょう。
いまでは質の高い乳酸菌を配合していないヨーグルトのほうが少ない
最近のヨーグルトには、質の高い乳酸菌を配合しているものがほとんどです。
乳酸菌がしてくれる効果は腸内環境をよくするサポートである
乳酸菌の効果は腸内環境をよくするサポートであり、便通をよくするためには乳酸菌の摂取以外にも、本人の努力が必要だといえるでしょう。
乳酸菌摂取を断続しないと効果は実感しづらい
乳酸菌に便秘改善効果を期待するのなら、乳酸菌の摂取を断続しないときびしいかと思います。
善玉菌と悪玉菌の関係
人間の腸内には善玉菌と悪玉菌がいて、乳酸菌は善玉菌を増やす効果があります。
乳酸菌で便秘改善を考えているのなら、まずは新ビオフェルミンSを試そう
乳酸菌での便秘改善を考えるのなら、まずは新ビオフェルミンSを試したいところです。
無糖ヨーグルトのほうが加糖ヨーグルトより効果が期待できるわけ
無糖タイプのヨーグルトは加糖タイプのヨーグルトより、便秘改善に効果が期待できると考えられます。その理由を紹介します。
無糖ヨーグルトが便秘改善に効果が高い?
便秘を改善するのなら無糖ヨーグルトが効果が高い?
ヨーグルトの健康効果に期待するのなら食後に食べるのがおすすめ
ヨーグルトの健康効果に期待しているのなら食後にヨーグルトを食べるのをおすすめします。胃酸や胆汁酸が薄まっているので、乳酸菌が生きて腸まで届きやすいです。
ヨーグルトは便秘改善効果以外にもいろいろと魅力的な効果がある
ヨーグルトは便秘改善効果以外にもいろいろ魅力的な効果があるので、食べて損はありません。
ヨーグルトは便秘のときだけではなく、便秘が改善されたときも摂取するのが大事
乳酸菌は便秘のときだけではなく、便秘が改善されたときに摂取すると効果が高いです。
ヨーグルトは便秘以外の病気にも役に立つ
ヨーグルトは便秘以外の病気にも役に立ちます。便秘が改善されても食べ続けたい食品です。
便秘にヨーグルトもいいけど、うんちが出た後にヨーグルトが効果が高い
便秘だからヨーグルトを食べるというのもいいですが、うんちが出た後にヨーグルトを食べると効果が高いです。
新ビオフェルミンSは整腸薬だが毎日飲んだほうがいい
新ビオフェルミンSは整腸薬という分類ですが、毎日飲むことで乳酸菌を毎日摂取でき、便秘予防に効果が期待できます。
ギリシャヨーグルトパルテノは便秘に効果がある?
最近話題のギリシャヨーグルトのパルテノ。便秘に効果があるでしょうか?