乳酸菌の効果と本人の努力

乳酸菌は腸内環境をよくするサポートをするにすぎない!

便秘を改善したり、便通をよくするというのは腸内環境をよくすることで期待できます。
ヨーグルトを食べて便秘が改善するというのは
ヨーグルトには乳酸菌が配合されていて、乳酸菌が善玉菌を増やしてくれるからですね。

 

 

でも考えてみてほしいのですが、乳酸菌を摂取していれば
かならず腸内環境がよくなるということはありえないですよね。

 

なぜなら

 

腸内環境をよくする方法もあれば
腸内環境を悪くする方法もある

 

わけですから。
どんなに乳酸菌を摂取して腸内環境をよくしようとしていても
それ以上に腸内環境を悪化させるような生活を送っていては
便秘が改善することはないといえます。

 

腸内環境を悪化させるものとしては

  • 睡眠不足
  • 砂糖や油っぽい食べ物
  • ストレス

と、簡単にいってしまえば

 

不規則な生活は腸内環境を悪化させる

 

わけです。

 

なので、腸内環境をよくするためには

 

本人の努力

 

とでもいえばいいでしょうか。
規則正しい生活をおくることが重要になります。

 

ただ規則正しい生活を送ることを努力するというのは、ちょっとおかしいのかもしれません。
だって、規則正しい生活をおくるって子供の頃からいわれてきたことであって
そういった生活をおくるのが当然のことですよね。

 

不規則な生活が常識になってしまった人には
規則正しい生活をおくることを努力する必要があるのでしょうが
普段から規則正しい生活をおくっている人にとっては
それほど努力する必要もないと思います。

 

でも、大人になるとなぜ多くの人が
不規則な生活をおくるようになってしまうのでしょうか。
若気の至りというものなんでしょうかねぇ。

 

なぜか若い頃って、睡眠時間が短いほうが格好いいとか
変なことを思っていたりするものですよね。

 

 

むしろヨーグルトを食べて乳酸菌を摂取するより大事なことは
規則正しい生活を送ることだと思います。
プラス要素を入れるより、マイナス要因を減らすことが
便秘改善につながるといえるのではないでしょうか。

 

どんなに乳酸菌を摂取していても
不規則な生活をしていては、限界があると思います。
人間たまにはゆっくり休むことも必要だと思いますよ。

 

無理は誰にでもできます。でも無理をすることでストレスがたまり
便秘になってしまう人も多いのでしょうね。
日本人は、仕事で多くの人が無理をしているところがあるでしょうから。
そして、それを拒否することもできないものだったりするんですよね。


目次

乳酸菌がしてくれる効果は腸内環境をよくするサポートである関連ページ

【ヨーグルト】砂糖はいれないべき?便秘効果がなくなり悪化?
無糖ヨーグルトになると、砂糖をいれたくなります。砂糖は悪玉菌を増やす要因になるので、便秘改善効果の障害となる可能性があります。
無糖タイプのヨーグルトと加糖タイプのヨーグルトの差
ヨーグルトには無糖タイプのものと加糖タイプのものがありますが、この2つのヨーグルトの差を考えます。
乳酸菌の効果は便秘だけではない
乳酸菌の効果は、便秘対策以外にも、いろいろな効果が期待でいます。
自分と相性のよい乳酸菌を見つけよう
乳酸菌は人との相性によって、効果がでたり、でなかったりするとされています。自分にあった乳酸菌をみつけましょう。
動物性乳酸菌と植物性乳酸菌
最近植物性乳酸菌という言葉をよく効きますが、この植物性乳酸菌について考えてみます。
いまでは質の高い乳酸菌を配合していないヨーグルトのほうが少ない
最近のヨーグルトには、質の高い乳酸菌を配合しているものがほとんどです。
乳酸菌摂取を断続しないと効果は実感しづらい
乳酸菌に便秘改善効果を期待するのなら、乳酸菌の摂取を断続しないときびしいかと思います。
善玉菌と悪玉菌の関係
人間の腸内には善玉菌と悪玉菌がいて、乳酸菌は善玉菌を増やす効果があります。
乳酸菌で便秘改善を考えているのなら、まずは新ビオフェルミンSを試そう
乳酸菌での便秘改善を考えるのなら、まずは新ビオフェルミンSを試したいところです。
無糖ヨーグルトのほうが加糖ヨーグルトより効果が期待できるわけ
無糖タイプのヨーグルトは加糖タイプのヨーグルトより、便秘改善に効果が期待できると考えられます。その理由を紹介します。
無糖ヨーグルトが便秘改善に効果が高い?
便秘を改善するのなら無糖ヨーグルトが効果が高い?
ヨーグルトの健康効果に期待するのなら食後に食べるのがおすすめ
ヨーグルトの健康効果に期待しているのなら食後にヨーグルトを食べるのをおすすめします。胃酸や胆汁酸が薄まっているので、乳酸菌が生きて腸まで届きやすいです。
ヨーグルトは便秘改善効果以外にもいろいろと魅力的な効果がある
ヨーグルトは便秘改善効果以外にもいろいろ魅力的な効果があるので、食べて損はありません。
ヨーグルトは便秘のときだけではなく、便秘が改善されたときも摂取するのが大事
乳酸菌は便秘のときだけではなく、便秘が改善されたときに摂取すると効果が高いです。
ヨーグルトは便秘以外の病気にも役に立つ
ヨーグルトは便秘以外の病気にも役に立ちます。便秘が改善されても食べ続けたい食品です。
便秘にヨーグルトもいいけど、うんちが出た後にヨーグルトが効果が高い
便秘だからヨーグルトを食べるというのもいいですが、うんちが出た後にヨーグルトを食べると効果が高いです。
新ビオフェルミンSは整腸薬だが毎日飲んだほうがいい
新ビオフェルミンSは整腸薬という分類ですが、毎日飲むことで乳酸菌を毎日摂取でき、便秘予防に効果が期待できます。
ギリシャヨーグルトパルテノは便秘に効果がある?
最近話題のギリシャヨーグルトのパルテノ。便秘に効果があるでしょうか?