ヨーグルトを食べるのを続けること

ヨーグルトを続けるというのはヨーグルト好きではないときびしい

便秘改善に効果が期待できるヨーグルトですが、ヨーグルトを1回購入するのなら誰にでもできると思います。
でも、

 

ヨーグルトを断続して食べるとなると、ヨーグルト好きではないと厳しい

 

と思います。

 

 

自分もヨーグルトを毎日食べていますけど、たまに
「そこまでヨーグルトにこだわる必要があるのかな?」
と思ったりします。

 

ヨーグルトが好きな人ならヨーグルトを食べるのは続くでしょうが、ヨーグルトがそこまで好きではない人になると、スーパーに行ってヨーグルトを選ぶときに
「買わなくてもいいかな」
という思いが出てきます。

 

ヨーグルトでの便秘対策というのは、安全性が高く、ヨーグルトも買いやすいので実践しやすい便秘改善対策だといえるでしょう。
でもヨーグルトは別に便秘対策として存在しているわけでもなく、デザートとして食べる人もいます。これといった健康対策としてではなく、なんとなく健康にいいからという理由で、もう何年も食べ続けている人もいます。

 

ヨーグルトで便秘を改善したいのなら、まずは

 

ヨーグルトを好きになること

 

が重要だと思います。
ヨーグルトの効果だけに期待していると、どうしてもヨーグルトを途中で食べるのをやめてしまうでしょうから。

 

どんなにヨーグルトが好きだという人でも、毎日食べていると飽きますからね。
デザートとして食べようと思っているのなら、食事の量をその後に食べるヨーグルトのことを考えて食べないと、おなかがいっぱいでヨーグルトが食べれなくなることもあるでしょう。
おなかがいっぱいなのに食べるヨーグルトは、自分もそうですけどさすがにつらいですから…。
そういうところはヨーグルトが好きな人でも気をつけないといけないでしょうね。


目次

ヨーグルトを続けるのはヨーグルト好きではないと厳しい関連ページ

ダノンBIOの14日チャレンジ
ダノンBIOは14日間BIOを続けるという14日チャレンジというものをアピールしています。
BB536乳酸菌は悪玉菌の毒素産生型フラジリス菌を減少させる
便秘改善に効果があるとされているビフィズス菌BB536乳酸菌は悪玉菌の毒素産生型フラジリス菌を減少させる効果があります。
メグミルク恵プレーンヨーグルトは400gな点に注意
メグミルクの恵プレーンヨーグルトは400gと他のメーカーのヨーグルトと比べて50g少ないです。