ヨーグルト(乳酸菌)で腸内環境を整える

なぜヨーグルトを食べると便秘対策になるの?善玉菌と悪玉菌と日和見菌

 

ヨーグルトを食べると、便秘予防になったり便通がよくなるといわれています。
それはなぜなのか?

 

 

これは

 

ヨーグルトに配合されている乳酸菌が腸内環境を整えてくれる

 

からなんです。
一般論的にはこれなんです。

 

 

ヨーグルトや乳酸菌が便秘を治してくれるのではなく、乳酸菌が腸を健康にして、健康になった自分の腸の力で便秘を改善するんだ!

 

これがヨーグルトでの便秘対策が安全で好まれる理由だね。


 

人間の腸内には大量の菌がいます。
この菌によって腸内環境がよくなったり、わるくなったりするとされています。
その腸内にヨーグルトを食べて、腸内環境をよくする乳酸菌を投入するわけです。

 

腸内環境は善玉菌が多いと、腸内環境の状態はよくなります。
逆に悪玉菌が多いと腸内環境は悪くなります。

 

 

ヨーグルトを食べるというのは、大量の善玉菌を食べていると思えばいいです。

 

菌というと、女性の中には
「気持ち悪い」
と思う人もいるかもしれません。

 

いや、多くの人は
「乳酸菌、乳酸菌」
と愛着を持っていっていますけど生き物ですからね!

 

気持ち悪いという女性がいてもいいと思います。
でもそういう人がいないのが不思議です。

 

虫とかみたら、気持ち悪いと思うでしょ?
自分は男ですが思います。

 

でもやっぱりヨーグルトの乳酸菌って目にはみえないほど小さいです。
だから、大丈夫なんだと思います。

 

まぁ人間の腸内には沢山の菌がいるわけで、「乳酸菌が気持ち悪い」とか言っていられないかぁ。

 

 

人間の腸には大量の菌がいて、この菌を投入するためにヨーグルトを食べるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

日和見菌を善玉菌にするのが重要

腸には善玉菌と悪玉菌、そしてもうひとつ日和見菌が存在しています。

 

日和見菌は善玉菌が増えると善玉菌に姿を変え
悪玉菌が増えると、悪玉菌に姿を変えます。

 

 

まぁどこのクラスにもこういうやつがいますよね。
強いほうにつくやつが。
それが日和見菌です。

 

 

ようはクラス会議みたいなもので
「じゃあ賛成だという人は手をあげてください!」
といわれたら、周りの人大勢が手をあげたら、それにならって自分も手をあげる人が日和見気です。

 

逆にいえば、周りが手をあげないのなら、自分も手を上げないのも日和見菌。

 

 

ヨーグルトを食べて善玉菌である乳酸菌を摂取して
善玉菌の量を増やしているということですね。
それにより、日和見菌は善玉菌が多くなったことで善玉菌に姿を変えます。

 

つまりヨーグルトが便秘対策になるのではなく

 

乳酸菌が善玉菌を増やし腸内環境を整える

 

ことにより、便通が良くなるわけです。

 

 

ヨーグルトを食べるというのは、自分の腸に善玉菌の増援を送るイメージだよ!

 

自分の腸内では、善玉菌と悪玉菌で戦争が起こっているんだ!


 

人間も調子がいいときはどんどん前にいけます。
逆に調子が悪くなると、どうしてもうまく行きません。

 

腸内環境が良い人は、腸内環境がどんどんよくなりやすいです。
逆に腸内環境が悪い人は、腸内には悪玉菌が沢山いますから、なかなか腸内環境がよくならないわけです。

 

だから乳酸菌を摂取しても、そう簡単には便秘は改善しないですよ。
乳酸菌の狙いは腸内環境を整えることです。

 

そのためには腸内を悪玉菌有利な状況を、善玉菌優位な状態にしないといけないわけです。
勇者が魔王を倒すための冒険みたいなものです。

 

少しずつ少しずつ目標にたどり着くわけですね。

 

 

便秘に困っている人は、そう簡単に腸内環境をよくすることはできないと思います。
でも一度便秘が改善したのなら、腸内環境がよくなったのだから、今後は便秘に悩む回数も減るかと。

 

油断していたら、人間の腸内って簡単に悪化しますけどね。

 

 

人間の健康って、悪くするのは簡単なんです。
でも良くするのは大変なんです。

 

だから、健康な状態をキープするのが一番ですよ。
悪くなってからどうにかしようと思っている人は意識をどうにかすべきです。

 

 

 

 

乳酸菌で便秘を改善するのではなく、腸で改善する

もっと単純にいえば、便秘改善に力を発揮するのは自分の腸内自身です。

 

あくまでも、ヨーグルトに配合されている乳酸菌は腸内環境をよくするための、サポートでしかありません。

 

 

最近乳酸菌の質にこだわる人が多くなりました。
L-92乳酸菌やLB81乳酸菌など、メーカーも質の高い乳酸菌を保有しています。

 

少しでも強い乳酸菌を摂取して生きて腸まで乳酸菌を届かせようとしているからですね。
乳酸菌が生きて腸まで届いたほうが善玉菌が増えやすいとされています。

 

 

乳酸菌が摂取できるならヨーグルトでなくても強い乳酸菌を配合している製品ならいいとも言えます。
最近は乳酸菌サプリメントも人気です。

 

 

ただやっぱり乳酸菌を摂取する製品で、メーカーが力を入れているのはヨーグルトや乳酸菌配合飲料だと思います。
乳酸菌サプリを販売しているメーカーはまだまだ大手メーカーが少なく感じます。

 

 

注意したいのは、どんなに乳酸菌を摂取しても
悪玉菌を増やすような食生活を送っているのなら
便秘が改善されることはない
です。

 

 

1人の勇者と、100万のモンスターがいたら、どっちが勝つか?
さすがに勇者が強くても、100万もモンスターがいたら
「やっぱりモンスターのほうが数が多い分有利じゃないかな」
と思って、日和見菌もモンスターのほうにつきますよね。

 

だから乳酸菌を摂取していても、それ以上に悪玉菌が増えるような食生活や私生活を送っているのなら厳しいです。

 

 

どんなに乳酸菌を摂取して善玉菌を送りこんでも、普段の食事や生活で悪玉菌が増えるようなことをしているのなら、腸内環境はよくならないよ。

 

今の日本は欧米食が増えてきて、善玉菌を増やすのは難しく、悪玉菌を増やすことは簡単な時なんだ。


 

自分の感覚では、たしかに食べ物も重要ですが、睡眠時間が特に大事だと思います。
夜更かししていると、どうも腸の状態が悪くなるような。

 

若い人はついつい夜更かししてしまいがちだと思います。
自分もそんなところがあります。

 

 

でも余力を残した状態で眠りにつきたいところです。
眠っているときは、腸がよく動く「腸のゴールデンタイム」だとテレビで医者が言っていました。

 

ゴールデンタイムとか意味不明ですが、睡眠は腸に必要不可欠なことだと自分は思っています。
どうしても夜遅くまで起きていると、腸の働きが悪くなるのか体がかゆくなりがちです。

 

夜更かしは肌に悪いといいますけど、それも納得です。

 

 

 

 

 

 

結局自分自身で便秘を改善させようとすることが大事

便秘を治すためには腸内環境を整えることが重要なんです。
どんなにヨーグルトを食べても腸内環境が整わなかったのなら効果はないです。

 

ヨーグルトを食べるというのは腸内環境をよくするプラスの要素の1つです。
プラス効果より、腸内環境を悪くするマイナス要素があれば便秘への効果は期待できないです。

  • 不規則な生活をしている
  • 暴飲暴食をしている
  • 肉系の食事や砂糖の過剰摂取
  • 過度なストレス

こういったものは悪玉菌を増やす要素だとされているので要注意です。

 

 

ヨーグルトで乳酸菌を摂取して、便秘対策をするまえに
こういった私生活を見直して

 

少しでも悪玉菌を増やさないようにする努力

 

をしないと、便通がよくなる可能性は低いです。

 

逆にこういったところが改善されたのなら、ヨーグルトを食べなくても腸内環境は整い、便通が常に良い状態になるかもしれません。

 

 

便秘を改善する方法は、ヨーグルトを食べなくても可能です。

 

ヨーグルトに配合されている乳酸菌以外の方法でも便通をよくする方法はさがせばあります。
むしろプラス効果を増やすより、マイナス要素を減らせば人間うんちがでるのは普通のことなんです。

 

ヨーグルト好きな人が、ヨーグルトで便秘を改善しようとすればいいわけで
いやいやヨーグルトを食べる必要はありません。

 

 

ヨーグルトを食べなくても、普段から私生活や食事がきちんとしている人は、腸内環境が良好だろうね。


 

決してヨーグルトでしか便秘は治らないわけではないです。
便秘を改善する方法は他にも探せばみつかると思います。

 

どの方法を選ぶかは個人の自由です。
その方法を選んだら、責任は自分にあるということになります。

 

 

他の人から「○○が便秘にいいんだってー」と薦められて、それを試して効果がなかったのなら、その人を恨む人もいるかもしれません。

 

でも試すのかどうかは強制ではなく本人の自由ですからね。
自分がやってみたいと思う便秘対策をおこなうのが一番だと思います。

 

 

ヨーグルトを食べるも、食べないもの本人の自由なんだ!

 

そういう気持ちでいることが、精神的にも楽になって、ヨーグルトもおいしく食べれるよ。


 

自分は毎日ヨーグルトを食べています。
でもそれでも便秘になったりすることもあります。

 

「ヨーグルトを食べていれば便秘しらず」
というわけでもありません。
ヨーグルトを食べないよりは、食べたほうがマシぐらいに思っていたほうが、がっかりしなくてすむかと思います。

 

乳酸菌の種類と人との相性によっても効果が変わってくるので、運の要素も重要になります。
乳酸菌の効果に過大な期待はせずに、毎日乳酸菌摂取をつづけてみてください。

 

 

 

 

 

続けることの重要性

人間続けることで成果があがりやすいというか。
短期間でどうにかしたいものですが、基本無理なんです。

 

短期間でどうにかなるといえば、ダイエットとか。
最初はすごい勢いで体重が落ちていくので、ダイエットが人気な理由かもしれません。
いや、人気っていうのもおかしいんですけど。

 

 

ダイエットってやったことがある人ならわかりますけど。
やりはじめは、すごい勢いで体重が落ちていくんですよね。

 

でもある程度したら、体重の減りが鈍くなっていく。
そうして飽きるわけです。

 

 

でも腸内環境というのは逆なんです。
なかなかよくならないんです。

 

そりゃそうですよね。
腸内環境が悪い人が、良い状態にするっていうのは大変なことです。

 

 

人間の体というのは、好循環、悪循環になりやすいと自分は思っているので。
腸内環境が悪い人は、腸内環境が悪い状態が続きやすく。
その状態を覆すというのは難しいことだと思います。

 

 

ただ続けることで、可能性を高めることができるわけです。
まぁヨーグルトを食べているだけで、どうにかできるわけではないんですが。

 

ヨーグルトは乳酸菌を配合しているので。
可能性としては、ありえるわけですね…。

 

 

実際自分も毎日ヨーグルトを食べていますけど。
調子がいい期間もあれば、調子が悪い期間もあります。

 

やっぱり毎日ヨーグルトを食べているだけでは。
常に調子がいいってわけでもないので…。

 

 

でももしヨーグルトを食べていなかったら。
もっと調子が悪い日が多かったかもしれません。

 

人間楽しく生きるためには、健康というのは必須なんですよ。

 

 

自殺の理由で一番多いのは体調面でのことです。
お金ではなく、体調面でのことで命を投げてしまう人が多いわけですね。
そのぐらい体調が悪いっていうのはつらいことなので…。

 

ヨーグルトを食べているだけで、命を救えるかもしれません。
まぁ大げさに聞こえる人もいるかもしれませんけど。

 

人間健康なだけで勝ちなんです。
生きていれば勝ちなわけですね。

 


目次