毎日ヨーグルトを食べていたのに便秘

毎日ヨーグルトを食べていたのに便秘になった件

自分は健康のために毎日ヨーグルトを食べていました。

 

 

便秘になって、便秘改善のためにヨーグルトを食べ始める人も多いでしょう。
でも

自分はアトピーで、アトピーは腸が弱っているのが原因

ということを知って、それをきっかけに毎日ヨーグルトを食べるようになりました。
ヨーグルトで腸内環境を整えようとしていたわけです。

 

 

毎日ヨーグルトを食べて4年ぐらいでしょうか。
そんなとき、急に便秘になったんです。

 

でも、便秘になったその理由もなんとなくわかっています。
便秘になったというか、突然おなかが張ったわけです。

 

そもそも便秘なんて、違和感がないのなら、うんちがでないぐらいどーでもいいです。
おなかに不調がでるから、うんちをだしたいのにでなく、便秘を改善したくなるわけですね。

 

 

自分は便秘になる(おなかが張る)前に

 

スパゲティ⇒ケンタッキー⇒カレー

 

というコンボで食事をしたんです。
これがいけませんでした。
さらに、そのときちょっとしたストレスを抱えていたんですよね。

 

 

 

食事の中でも、ケンタッキーのチキンの油と、かなり辛いカレーを食べたのが、腸に悪かったと思っているよ。


 

食事をして、その夜どうもおなかが重い。
おなかに違和感を感じて、それからはおなかの張りや腹痛で困りました。

 

うんちを出したいのに、出てくれなく、夜寝ているときにおなかの違和感で飛び起きてトイレに行ったこともありましたね。
いままでどうやってうんちをしていたのか、わからなくなったりもしました。

 

重い病気なんじゃないかと思いストレスもたまり、さらにおなかの調子も悪くなりました。

 

 

毎日ヨーグルトを食べている自分でさえも、便秘になるのだから

ヨーグルトの乳酸菌のプラス効果<<<食べ物で腸内環境を悪化させる効果

こういう感じなのでしょう。

 

 

自分が今回言いたかったことは

どんなにヨーグルトを食べていても、それ以上におなかに悪いことをしていたら便秘は改善しないどころか悪化しますよ

ということです。

 

 

本当に大事なことは、ヨーグルトなどで乳酸菌を摂取することではなく

普段の食事に気を使うこと

です。

 

 

ヨーグルトを食べたりしておなかにプラスのことを増やすのも大事なんだけど、おなかにマイナスのことを減らしたほうが絶対にいいよ!

 

おなかにマイナスのことが多すぎると、どんなにおなかにいいことをしても限界があるよ!!


 

もう歳なんですよ!!
若い頃はそんな食事をしても、あまり問題はなかったんですが…。
人間30過ぎたらゆだんすると、すぐにおなかの調子が悪くなります。


目次