悪玉菌が増えたときの腸内洗浄

腸が悪玉菌だらけになってしまったときは?腸内洗浄を考える

ヨーグルトを食べて、ヨーグルトに配合されている乳酸菌が
腸の中で善玉菌を増やし、悪玉菌を減らしてくれることにより
便秘対策になるわけですが

 

腸の中が悪玉菌だらけ

 

だと、いくら乳酸菌を摂取しても、乳酸菌は悪玉菌に負けてしまいます。
日和見菌というのは善玉菌と悪玉菌
多いほうの味方をするといわれています。
そのため、どんなに乳酸菌を摂取しても、悪玉菌の量が多いと
日和見菌は悪玉菌の味方をして、善玉菌は増えていかないわけです。

 

 

そういうときは

 

腸内洗浄

 

をするといいかもしれません。

 

腸内洗浄をおこない腸にいる悪玉菌を洗い流せば
その後にヨーグルトなどを食べたのなら、悪玉菌が少ないため
善玉菌を作りやすい環境ができている
でしょう。

 

逆にいえば、腸内環境が良い状態の人が
腸内洗浄をおこなうというのはもったいないのかもしれませんね。

 

あまり詳しくありませんが、自分は内視鏡検査のために
ムーベンという腸内洗浄薬を飲んだことがあります。

 

 

ムーベンを使った腸内洗浄は医療行為ということで
一般に市販はされていないとのことで
簡単におこなうことは不可能みたいですね^^;

 

腸内洗浄をおこなうのなら、腸洗浄キットを使い自分でやるよりも
病院にいって消化器科でおこなってもらうほうが確実かもしれません。

 

市販されている腸洗浄キットとしては

 

コーヒーエネマ

 

という製品が有名なようですね。

 

【コーヒーエネマ販売店一覧はこちら】
コーヒーエネマ

 

【コーヒーエネマ口コミはこちら】
コーヒーエネマ口コミ

 

 

 

【スリムエネマ動画はこちら】

 

 

 

ぱっとみ、大変そうなイメージがあるので
やはり腸内洗浄は最後の手段といったものだと考えたほうがいいと思います。
腸を健康な状態に保つことで、好循環を保つことができるということでしょう。

 

一度悪循環に陥ると、腸内洗浄といった
腸にいる悪玉菌を、強引に排出する必要がでるので
日ごろから、腸の状態をよくすることを心がけるべきでしょう。

 

もしヨーグルトなんかを食べても、便秘がまったく改善されないという人は
腸内洗浄を挑戦する価値はあるかもしれませんね。
でも、やっぱり体に負担がかかることでもあるでしょうから
基本は腸を健康にすることでの、便秘改善を心がけましょう!


目次