乳酸菌と根本原因を改善する便秘対策

乳酸菌で便秘を改善するというのは、根本的な原因を改善することである

ヨーグルトといった乳酸菌を配合している製品で
便通をよくするというのは、効果という点では即効性がないので
あまり魅力的に思わない人も多いと思います。

 

 

実際のところ、効果だけをみれば
下剤といったもののほうが確実に、かつ即効性があるでしょう。

 

ただ、下剤というものは無理やり便を出させているわけであり
便秘の原因だったものが改善されたわけではないので
再び便秘になる可能性は高いといえるでしょう。

 

下剤を使うことにより、腸の悪玉菌を全部外に出せたのなら
その後の腸内環境によっては、便秘になる可能性は低くなるかもしれませんが
下剤は腸に刺激を与えて、便をださせているだけなので
腸内環境が整ったわけでもなく、そういう点で下剤はあまり評判はよくありません。

 

 

乳酸菌での便秘対策のメリットは安全性だといえるでしょう。
そして、乳酸菌での便秘対策は

 

自分の腸内環境を整えて便をださせる

 

ものなので、一度腸内環境が整ったのなら
その後腸内環境が悪くならない限りは、便秘になる可能性は低いでしょう。

 

つまり、下剤なら一度便をだしても、その後も便秘になる可能性が高く
そのたびに下剤を使わないといけなくなる可能性がでる一方で
乳酸菌での便秘対策なら、一度腸内環境が整ったのなら
再び腸内環境が悪くならない限りは、便秘に悩まされることはない
でしょう。

 

下剤はなんども使っていると、効果が薄くなったり
下剤に依存してしまうというデメリットもあります。
なにより、体に負担がかかるといわれています。

 

下剤など、効果が高い便秘対策の製品があるのに
ヨーグルトが人気なのは、そういったところがあるといえるのでしょう。

 

もちろん、いくら乳酸菌を摂取しても便がでなくて困る人もいるでしょうから
そういう人にとっては、下剤を使うべきかもしれませんね。
ヨーグルトの乳酸菌はあくまでも、善玉菌を増やす可能性を上げるのであって
腸内環境が悪玉菌でいっぱいの人になると
いくら乳酸菌を摂取しても、悪玉菌に負けてしまう
でしょうからね。

 

 

乳酸菌はあくまでも善玉菌を増やす可能性をあげるわけであり
便を出すのは、人間の体です。
なので、腸内環境を整える意識を持っていれば便通が良くなる可能性はあがるでしょうし
腸内環境を整える意識がなく、なんでも好きなものを
暴飲暴食していたら、さらに腸内環境が悪くなり、便秘になる可能性があります。

 

 

腸の状態が悪玉菌だらけになると
乳酸菌を摂取しても手遅れになってしまう
かもしれませんから
乳酸菌は断続性が重要だとされていますが、ちょくちょくでもいいので
ヨーグルトといった乳酸菌を配合している製品を食べるようにすると
腸内環境が最悪な状態になるのを防げるかもしれません。


目次