ヨーグルトで便秘対策をする意味

ヨーグルトより下剤のほうが効果が高い?

 

ヨーグルトで便秘対策と聞くと、人によっては
そんなのでは便秘に効果がない
と思う人も多いでしょう。

 

 

たしかにヨーグルトに配合されている乳酸菌で
腸内環境を整えて便通をよくするというのは、即効性がありませんし
乳酸菌と人との相性もあり、確実に効果がでるとはいえないでしょう。

 

そういう点で、下剤といったもののほうが確実だという人もいると思います。
実際のところヨーグルトと下剤を比較したら
下剤のほうが即効性があるでしょうし、確実に効果を感じられるでしょう。

 

ですが、下剤を使うというのは

 

無理やり便を出す

 

わけで、それは決して体が自然に便を出したわけではありません。
そういう点で、体に負担がかかりますし
一時的な解決法でしかないので、再び便秘になる可能性が高いです。
便秘になるたびに下剤を使うのは、さすがにきびしいものがあるでしょう。

 

 

 

 

 

ヨーグルトでの便秘対策は、安全性に優れ、自然に便をださせる

ヨーグルトは安全なものであり、便秘解消効果以外にも健康にいいものであって
そしてデザートにもなりえるものです。

 

 

ヨーグルトに配合されている乳酸菌が、腸の調子を整え便秘を解消させるので
一度便秘が解消されれば、再び腸の調子が悪くならない限りは
便秘に悩まされることはないでしょう。

 

便秘という症状を改善することに目が行きがちですが
重要なことは

 

根本原因を取り除くこと

 

なんです。

 

じゃあ、便秘の根本原因はなにかといえば
腸内環境の悪化といえるでしょうから、ヨーグルトに配合されている乳酸菌で
腸内環境を整えて、便秘解消&予防をしようということなんです。

 

 

便秘の人は腸内環境が善玉菌より、悪玉菌が多くなってしまっているとされています。

 

乳酸菌は善玉菌を増やす効果があります。
その結果、腸内を悪玉菌より善玉菌を多くしてやろうというわけです。

 

 

 

 

 

ヨーグルトの便秘以外の効果!免疫力向上効果やアレルギー予防

ヨーグルトは便秘対策以外にも

  • 肌が綺麗になる
  • 免疫力アップ
  • アレルギー(花粉症・アトピー)対策

こういった効果もあるとされています。

 

ヨーグルトでインフルエンザ予防。
ヨーグルトで花粉症予防。
ここらへんは最近はよく聞きますね。

 

 

R-1ヨーグルトのインフルエンザ予防効果は、一時期ブームになりました。
インフルエンザ流行の季節にスーパーからR-1ヨーグルトが消えたこともありました。

 

 

最近はテレビCMでピロリ菌と戦うヨーグルト。
PA-3プロビオヨーグルトがよく紹介されています。

 

 

こういった効果があるヨーグルトを、明治は機能性ヨーグルトと名づけています。

 

 

乳酸菌は他にもいろいろと良い効果があるとされています。
乳酸菌の種類も沢山あります。

 

ヨーグルトを食べるというのは、便通をよくするだけではなく

 

健康にいいことをしている

 

といえるわけです。

 

 

 

 

 

乳酸菌には副作用がない!子供や女性にはうれしい!

なにより乳酸菌には副作用がありません。

 

男性からしたら、それほど気にならないかもしれません。
でも女性や子供にとっては、安全性が高いというのは大事なことですよね。

 

それでなくても、最近は健康志向が高まっています。
自分も夜ジョギングをするようになりました。

 

健康なら人間いくらでもお金を稼げますからね。

 

さらに、運動するためにお金を払う人も沢山います。
自分の親も、スイミングスクールに通うようになりました。

 

 

若い人にとっては
「健康であることが普通」
という人もいるかもしれません。

 

たしかにそのとおりなのかもしれませんが、一度体調を崩すとどうも人間の体は弱くなりがちなように感じます。
「体調を崩せば薬を飲めばいい」
という人もいます。
それが悪いわけでもありません。

 

でも結局は自分の体ですから。
自分の体を大事にしたい人は、常日頃からできる健康にいいことを探している人もいます。

 

そういう人にとっては、安全性の高いヨーグルト(乳酸菌)の摂取は理想的な健康にいいことなんです。

 

 

安全性がヨーグルトの魅力であり、だからこそヨーグルトは需要があるわけです。
スーパーにいけばわかると思いますが、ヨーグルト売り場には
いろいろなメーカーのヨーグルトがありますよね。

 

健康意識が高まっている現在は、ヨーグルトの売れ行きは今後は伸びると考えられています。
実際のところ、ヨーグルトの売上は増えているとされています。

 

 

気が向いたときに、ヨーグルトをちょくちょく買って食べるようにするだけでも
便秘が改善されるかもしれません。
スーパーに行ったときに、ヨーグルト売り場を見てみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

コストパフォーマンス抜群

ヨーグルトは安くておなかの調子を整えることができるので。
コストパフォーマンスが抜群です。

 

納豆なんかも。
安くて、健康にいいイメージがあるので、コストパフォーマンスが高いと思います。

 

 

そもそも人間はちょっとおかしいのかもしれません。

 

【体調を崩しやすく、値段の高いものを食べたがる】
わけですね。

 

 

ラーメン屋の主人なんかは、客を見て
「お金を払ってまで、なぜ命を削る食べ物を食べるのか」
なんて思う人もいるようです。

 

 

実際人間はおいしいものを食べたいわけで。
しょうがないと思うんですよね。

 

健康にいまいちだとわかっていても、高くておいしいものを食べたかったりする。

 

 

でも人間健康であれば価値なんです。
逆に体調を崩していれば、おいしいものだって食べる気がでません。

 

 

なので、ヨーグルトや納豆なんていうものは。
値段が安いから恵まれているわけで。

 

この前の地震の停電で、ヨーグルトや納豆が手に入らないときがありましたけど。
そのときは、ヨーグルトや納豆の棚がまったくありませんでした。

 

おひとり様1個と制限の紙がはってあったのになかったですからね。

 

 

納豆やヨーグルトは手に入りやすいから軽視しがちですが。
もし納豆やヨーグルトの値段が高かったら、もっと重視されていたのかもしれません。

 

まぁ値段が安いものはどうしても人間、軽視してしまいがちです。
ヨーグルトや納豆をあまり食べる気にならない人は、そういう値段を見て軽視してしまう人が多いのかもしれません。

 

 

最近はヨーグルトでも、結構値段が高いものもありますけどね。
納豆も値段が高いものもありますけど…。

 

でも高くてもやっぱり1個300円いけば高いって感じなので。
しれているんですよねぇ。


目次